Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2020年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2020年 07月 28日

SCULPIN HELMET

今回は、以前から気になっていた
タイイングパーツを使ったフライを巻いています
SCULPIN HELMET_c0095801_19385432.jpg
Fish Skull

SCULPINE HELMET

外国人は、こーゆーの大好きですよね(笑)
もちろん
僕もこ〜ゆ〜ノリは大好物♡




フライ用のジグヘッド…みたいなモノですが

初めて見たときは

「ヤラれたなぁ」

と思っちゃいました



“ズル引きリーチにもってこい!”ぢゃないですか(笑)

SCULPIN HELMET_c0095801_19390259.jpg
付属のアイを貼り付けると

なんと愛らしい♡



無論、このままだとキャスト中に「愛くるしいお目々」が
何処かに飛んでいってしまうのは想像に難くなく…

ということで


UVシーラでコーティングがお約束でしょう
SCULPIN HELMET_c0095801_19391153.jpg
眉間に空いた穴は、何の役割なのか不明ですが

ヘッドを固定する際の瞬間接着剤の
注入口?として便利でした(笑)


SCULPIN HELMET_c0095801_19393043.jpg
スカルピン

要は「ヨシノボリ」をイメージしたフライタイイングとなるのでしょうけど

こうしてフライ自体に「頭」が付くと
なんか

楽しいです
SCULPIN HELMET_c0095801_19394720.jpg
就餌に積極的な回遊組のトラウトに対し、即効性が期待できる
見た目も動きも派手で存在感のあるパターンとは対局


この手のフライは、完全に着底させてから
ジワリジワリと引き摺るようなリトリーブで

特定のテリトリーから、あまり動かないような大型鱒の…
それも、散々釣られて百戦錬磨のスレッカラシな魚を

ネチネチ攻めるときに向いてます


SCULPIN HELMET_c0095801_19394906.jpg
「ズル引きリー」同様
完全なキール状態で着底姿勢が安定するので
障害物には割と強い
(…ですが完全ではないです)



また、この手の重量級フライは
現場に出る前に練習で投げておくことをお薦めします

ラインウェイトは♯7以上
キャスティング技術だけで、普通に投げられると思わないほうが良いです




明日の釣り?で、少し試せると良いのですが…


by sureyamo | 2020-07-28 21:30 | fly tying | Comments(0)
2020年 07月 16日

増水の桂釣行

増水の桂釣行_c0095801_19020852.jpg
連日の降雨で、それなりの増水は覚悟の上だったけど
河床が岩盤質だけのことはあります
想定していた濁りらしい濁りありませんでした


今回はシルキーウッドの細川氏に無理を言って(笑)
案内してもらいました

この川に限っては
事情通な彼のアテンド無しの釣行は、ちょっと考えられないです



そんな彼とは、2005年?位からのお付き合いですから
かれこれ15年近くなりますか
増水の桂釣行_c0095801_19085966.jpg
お互い「白いモノ」が増えました(笑)ね



彼と一緒に釣るのは、雑誌の取材以来で
結構久しぶりでしたけど

(釣りの方は)相変わらずな

ガツガツ系(笑)

で、少し安心しました

まだまだ若けーのには負けない…って?(笑)

増水の桂釣行_c0095801_19051954.jpg
僕と細川氏とは、釣りの嗜好性(性悪ヤマメに、なんとか一泡吹かせたい)が同じ故
似たような釣り方と思われる方も多いのですが

アプローチの考え方、システム立てを見ても
結構、真逆なことが多いです




彼の釣りは、急流溶岩帯での大物とのやり取りを前提としている為に
使用するショットやフライはひたすら重く、ティペットは太い


対する僕の釣りは

人馴れして逃げもしないヤマメに
なんとか口を使わせたい末に行き着いた
本物の水生昆虫並に軽いフライと、極細で繊細なシステム


目的は同じであっても、やってることは逆なのは
お互い「フィールドの違い」とも言えると思うのだけど



ドライフライを平然と沈める彼と
浮きそうなくらいペラペラなニンフを、普通に使う自分

アプローチこそ違えど、最終的な狙い所は

微妙に同じ?

だったりするのが(笑)なんとも面白いです








そんな彼に
今回は僕の考案した「サイドワインダー」を渡して

どういう使い方をするのか興味津々でした
増水の桂釣行_c0095801_19135481.jpg
黙ってみていたら(笑)
ダブルニンフのドロッパーシステムを組んでいました
さらに、お約束の

タングステン・ソフトシンカー

まぁ、ある意味
彼のお箱ともいえるシステムではありますけどね



自分も同じシステムで振ってみましたけど
馴れないこの重さには、流石に難儀(笑)しました


桂は見た目以上にトルクのある流れ(特に今日のような増水では)なので
コレくらいで「丁度いい」のでしょうね


ここまで来ると、マーカーは浮いていようが沈んでいようが
あまり関係ないです
増水の桂釣行_c0095801_19180339.jpg
こういった浅瀬こそ
サイドワインダーの本領発揮でしょうね


今回、サイズこそ小ぶりではありましたが

地産ヤマメの大半は
こんな浅瀬で餌を待っていました
増水の桂釣行_c0095801_19114153.jpg
マーカーの「謳い文句」でもある

よそ見厳禁

を、まんま地で行くくらい
明快でキレのあるストライクが続きます



有望なポイントでは
(当然)尺ヤマメを期待していましたが…
増水の桂釣行_c0095801_19230230.jpg
増水の桂釣行_c0095801_19193580.jpg
お約束的な(笑)ニジマスちゃん


平日とはいえ、餌釣り師の後追いみたいな感じで
一通り「やられちゃった」後みたいでした


今日の釣りは、お互いの都合で
AM9時半アップ

正直、これから…という感じですが(笑)




その足で、清川村までドーンと大移動
増水の桂釣行_c0095801_19260711.jpg
ゴリさんの潜伏しているアジト…ではなく
イタリア料理店に顔出し!が

本日の第二ミッション



出るわ出るわ…

自慢の料理の数々
増水の桂釣行_c0095801_19273426.jpg
増水の桂釣行_c0095801_19283431.jpg
増水の桂釣行_c0095801_19293510.jpg
増水の桂釣行_c0095801_19304360.jpg
どれも、とても美味しく頂きました

釣りの内容からしたら
カロリーの過剰摂取極まりないですね

まっ、みんなで太れば怖くなし!(笑)


清川村にお越しの際は、是非お立ち寄りください






by sureyamo | 2020-07-16 06:57 | River fishing | Comments(0)
2020年 07月 14日

テストリーダー

テストリーダー_c0095801_12593660.jpg
ようやく新DTリーダーのテストサンプルが上がって参りました

DTリーダー自体は、結構昔からフルックスさんで販売していたリーダーで
皆さんも、すでにご承知のモノだと思っていたのですけど…

これが案外知られていなかった…という衝撃の事実(爆)
を垣間見る事が、たまたま立て続けにありました

つくづく宣伝は大事なのですね(笑)



リーダーのターン力を上げるべく
今季よりVARIVASさんが
このような逆テーパーのリーダーを販売されておりますけれど

コチラの方は、更に過激なテーパー形状となっているので
好みは思い切り別れそうです(笑)けどね


テーパーの方は
前製品を参考に新規図面を引かせて頂きましたけど

正直、よく判りません(笑)

※そんなテーパー云々が語れるほどの腕前じゃ〜ない(ぷっ)

ただし

DTリーダーは、個人的に結構使って来た経緯があるので
面白いリーダーが作れればなぁ…と思います


現状でハッキリわかっていることは
仮にいくら使いやすいテーパーにしても

万人受けはしないでしょうね

日本フライマンは過半数が保守派?ですので(笑)
テストリーダー_c0095801_19311072.jpg
それと…この
「サイドワインダー」ニューバージョン


明日は(増水の)甲州に持ち込んで
あの方(笑)に実際に使って頂く予定です



さてさて…どうなることやら


by sureyamo | 2020-07-14 20:02 | item | Comments(0)
2020年 07月 10日

フロータントテスト

フロータントテスト_c0095801_15390561.jpg
某メーカー(笑)様より
新しいフロータントのサンプルが届きました

今回は「サイドワインダー」と相性の良い

“フッ素グリス”

コレがフロータントの代用として、どれだけ使えるのかテストを行いました




少し前に巷で話題?になった

エーゼット BGR-001

こちらは本来の使い方より、ドライフライフロータントとしての(Amazon)レビューが高評価
という異色の、ちょっと「メーカー泣かせ」な(笑)グリス


既にたくさんのフライマンの方に愛用されていることから
今更ながら実績に関しては充分!





対するサンプル品は
コチラ

純国産フッ素グリス
フロータントテスト_c0095801_15391223.jpg
見た感じは殆ど一緒…なのですが
触ってみると、違いは一目瞭然

若干緩い感じですが、ちょっと粘りがあります
防錆剤などは当然含まれていないので、特有な臭いはありません




テスト方法は、ヤーンの両端に双方のグリスを塗布
 
同一条件で

何度も何度も“こねくり”まわした末

最終的な浮き方で判断します



結果
フロータントテスト_c0095801_15391706.jpg
実際にはサンプルの方が

「若干元気が残ってる」(笑)

印象ではありますが

性能的には、ほぼ同等






でも実は、このテストサンプル品

フッ素グリスのお値段は
な、なんと原材料の原価㌘あたり1,000円前後!

そう…最初からフロータントとしての製品化は

無理だったのであります(^_^;)

製品としては最低でも10gくらいは欲しい…となると
販売価格で25,000円?!(むしろ、それ以上?)


いやいやいや…
そんなのマトモな釣り具メーカーさんなら、普通に考えて

採用するわけありません
フロータントテスト_c0095801_15392686.jpg
そこで今度は、僕の方で用意したグリスもテストしてみます

こちらは、実は香港の某エアソフトガンメーカーが
自社製品のメンテナンス用として

「付属品」で同梱している

グリスなんですが


フィーリング的に、GBRに近い感じで
ずっ〜と気になっていたのです

フロータントテスト_c0095801_15392403.jpg
すると
こちらも同等の浮力を発揮

あらら…コレでも充分使えますね


成分は不明ですが、使用用途的は被るので
モノとしては、かなり近い感じで間違いなさそうです

BGRより粘度も少しだけ高い感じで
こちらも無臭
フロータントテスト_c0095801_15392884.jpg
もともと付属(おまけ?)で付いてくるぐらいですから
値段的には大した金額ではないのでしょうけど…

単体での販売ルートが

どうにも見当たりません(^_^;)


もう少し、アチラ(日本以外で)を探してみる価値はありそうです
(…というわけで商品化は、も少し先になりそう)



追記

フッ素系のリキッドタイプの方も試しましたが
持続力という点ではグリスに及びませんでした(^_^;)
まぁ、予想通りってところでしょう



フロータントと言うと、真っ先に

浮力の強さ、持続力

を求めてしまいますが…






実際の釣りにおいては
あまり強烈な浮力が持続力するフロータントの方は
僕はオススメ出来ませんね
(こんなテストをしておきながら、言うのもナンですけど)


と言うのも

定期的につけなければ浮き続けられないフロータントの方が
フライやティペットのチェック(ポイントが折れていないか、フライが絡んでいないか、ティペットに傷はないか)の機会が増えるし
釣り場を休ませる「間」も取れるからです

「沈まないフライ」では、メンテナンスの回数は減り
重大なトラブルに気付かないまま、一生に一度あるかないかの一期一会を
棒に振っちゃうこともあるかも知れません…

からね


そういう意味では、今市場で販売されているフロータントの性能で
僕は充分…と僕は(本音)思っています





サイドワインダーのレビュー

by sureyamo | 2020-07-10 23:21 | item | Comments(0)
2020年 07月 06日

早くもバージョンアップ?

早くもバージョンアップ?_c0095801_18013400.jpg
オリジナルのルースニングストライカーも
既に100本以上のご注文を頂戴し
若干、バックオーダーを抱えている状況でございます

本当にありがとうございます


また、未だご注文頂けてない方(笑)でも

なんとな〜く「気になっている」

という仲間も、潜在的に沢山いらっしゃるご様子なのですが…

とっとと観念して(笑)ご注文下さい






発売して日も浅いのですが

バージョン追加のご報告です

※従来品の方が遥かに実績を積んでおりますので、いままでのタイプも引き続き製作続行致します
当方に直接ご注文の際は、ご希望のタイプをお知らせ下さい



発売当初より、このマーカーには軽いショットの使用を推奨していたのですが
(軽いシステムでの専用マーカーというのが、そもそもの制作の動機)

実戦を重ね、様々な流れの中を釣るうちに
マーカーの背負える浮力に、まだまだ余裕がある事が判明



ただし


目印(似た商品が結構ありますが…)とフロータント(フッ素グリースがベスト)次第では
この限りではないので…そこはご勘弁下さい

(これは、あくまでオリジナル商品でのお話です)
早くもバージョンアップ?_c0095801_18025714.jpg
マーカーの先端を「シモらせた」状態になりやすいよう

あえて先端部だけ“水中に沈みやすくなる”作りにしてました



水面膜に引っ掛かっている、この状態が

マーカーとしては
もっとも高感度な状態になります


一点(もしくは限られた面積)で支える従来のマーカーでは
ここら辺のギリギリのバランスを、キャストごとに保つのは
ほぼ困難(浮き過ぎか、沈むか)でしたけど


「サイドワインダー」ではマーカー自体が長いため
どこかしらの位置で、かろうじて引っ掛かって浮いてくれます

早くもバージョンアップ?_c0095801_18015794.jpg
ちなみに

このテスト時のタングステンソフトシンカーの重さは0.160g
スプリットショット換算だとG5に匹敵する重さ

G6だとキツイかなぁ〜と思っていましたが

余裕でした(笑)



ただ、流石にこのくらい重くなってくると
スムーズにキャスティング…と言うわけには行きませんので

あしからず



実際には、強い引き波には引き摺られてしまう可能性も考慮すると
余裕を見て、少しだけ軽くしてあげたほうが良いと思います



ここまで来ると「ルースニング」というよりも「アウトリガー」寄りの

敷いて言えば「投げるアウトリガー」

みたいな感じでしょうか

ショットヘビーなマーカー釣りは、止水のウキ釣りに近いですね

こういう使い方でも
このマーカーは期待に応えてくれるので、覚えておいて損はないと思います



個人的には、軽いウェイトを使って
これからの季節に瀬につく、高活性のヤマメをテンポよく釣るほうが
「サイドワインダー」の長所が断然生きる釣り方なので

オススメです






ルースニングと言ってもニンフだけじゃありません

これからが本番となるテレストリアル攻略でも
ドライフライを、あえて沈めて釣る…というツワモノもいますけど

水中のドリフトでも、このマーカーを積極的に活用すれば
そんなに高度なテクニックは必要ありません

この夏は「サイドワインダー」で
ドライフライでは、なかなか出会えない魚たちとの

「密」を堪能して下さい(笑)




by sureyamo | 2020-07-06 22:18 | item | Comments(0)
2020年 07月 03日

新しい可能性

新しい可能性_c0095801_13162033.jpg
おじかきぬ漁協さんが管轄の
男鹿川C&R区間に行ってきました

本業の関係で、去年も一昨年も…
地元の迷手(ぷっ)「小野田家」には、幾度となく足は運んでいたのですが

ウェーダーを履き、ロッドを抱えて
真面目?に釣り目的で訪れるのは……実に4年ぶり(^_^;)

すんません(^_^;)
誰に謝ってる?



今回は…もちろん、自我の釣欲沈静化が目的なのですが

もう一つの目的が


「サイドワインダー」の

さりげない売り込み?と強制レビュー!(爆)

新しい可能性_c0095801_13301513.jpg
今回は
隣町在住、赤久縄でアルバイトの身である

航太郎くん

を連行…いや同行者として勝手に選出?!させて頂きました(笑)



彼と一緒にフィールドに出るには
二度目


僕の娘より一つ若い?
いやいや…もしかしたら同い年かも(笑)

そんな親子ほどの年の離れた彼ですが
フライフィッシングのセンスは

お世辞抜きで抜群




派手さはないけど
「無駄な動作」(熟練者にも見られる“癖”のような無自覚で無意味な動き)も一切なく


シャープ かつ シンプル




一見、実に簡単に出来そうに見えたりする
「一点のスキのない所作」こそ
僕自身“常々理想とし、目指しているスタイル”でも有るわけなんだけど


そんな釣り方を教えた覚えもないのだけれど…
新しい可能性_c0095801_13342068.jpg
なんか

所々が…若かりし頃の僕にクリソツ(^_^;)


それでいて

ちょっと指摘すると、スグに修正してくるのだから…

末恐ろしい(^_^;)




彼のような青年が
今後、日本のフライ業界を牽引して行ってくれると

実に頼もしいです






乾いたアマドゥの如く
知識や経験を取り込んでしまう、そんな彼が

うちの「サイドワインダー」をどう捉えるのか…というのも

興味のひとつでした
新しい可能性_c0095801_13065893.jpg
ちなみに
今回持ち込んだ「サイドワインダー」はテストサンプル品
気がついた方は…鋭い(笑)







残念ながら…今回のおじか川の状況は
「良好」とは言えない状態

魚影はお世辞にも多いとは言えず
確認できる数少ない(語弊に感じたら申し訳ない…のだけど、これは本音)
はガチガチに教育されていて、かなりナーバス&クレーバー


おじか初挑戦の彼には
流石に荷が重すぎた…かな


それでも…途中で音を上げることも無く
果敢なアタックは続きます

新しい可能性_c0095801_13525211.jpg
でもね、こればかりは仕方ないです



ただ、こういう経験は…いずれ必ず糧になる
釣れない言い訳を、魚とか環境のせいにするのは簡単だけど

置かれた境遇を真っ向から受容し
常に、前向きに望んできた人間は、技量的にも精神的にも

強い!

それは「仕事」も「釣り」も一緒

あっ、自分のことではないですよ(笑)
新しい可能性_c0095801_14024011.jpg
遊歩道から確認できた、唯一の魚影1尾に絞りこんで
たまたま釣れちゃっただけ(笑)だけど



同一の状況下でも
釣れる(可能性がある)という事実が

彼の上達に向けて

「一番のバネ」

となったなら…
コレほど嬉しいことはないです
新しい可能性_c0095801_14093294.jpg
マーカーにも新しい展開がありました


詳細は後でご報告致しますけど

既存のルースニングの概念を超え…
新たなセオリーが確立するかもしれません

いま、ネーミングも含め脳内を整理中ですけど
個人的には、もう少し実績が欲しいところではあります

…なので公開までは、いま少しお時間を下さい


というか

今しばらく…「良い思い」をさせて下さい(爆)

新しい可能性_c0095801_14213807.jpg
お子様の送迎の合間に
顔出してくれた(結局終日)SHOWちゃんとの釣りも
結構久しぶり


彼が大学生の頃からのお付き合いですから
結構永くなりましたけど

昔から容姿ともに全然変わりません

そしてそんな彼もまた…
典型的な「見て盗む」タイプのお一人なのですね



最近はカジカ釣りばかりに夢中で
ロクにフライロッド振っていなかったらしいですけど

そういうのは、バックループの形状見てれば

だいたいバレちゃいます
からね(笑)

それでも、新マーカーを装着早々にチャチャッとウグイを釣っちゃう
あたりは

さすがSHOWちゃんだよね

その後の40cm近い大ヤマメは…残念でした(笑)

新しい可能性_c0095801_14303921.jpg
現場で偶然ご一緒した、セクトラからのお付き合いの続く
K島さんも強制レビュー対象です(笑)

サクサクっと釣っちゃうあたりは
流石ですね

そして、高評価を頂戴し
ありがとうございます


新しい可能性_c0095801_14325221.jpg
結局、僕の方は

イブ近くまで頑張ったものの

5掛け2キャッチで終了

されど、フッキングしてからのファイトが猛烈過ぎなので
ファイト的にはゲップが出るほど堪能できました

「釣れない」…からの「寄せられないファイト」

緩急の極み(笑)といったところ



ともかく

釣れても釣れなくても
朝から晩まで久々の釣り三昧!

贅沢な1日でございました

(独身の頃は、そんなの当たり前だったんですけどね)



by sureyamo | 2020-07-03 14:39 | River fishing | Comments(0)