Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2020年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2020年 10月 31日

パクリ「サイドワインダー」を斬る(笑)

こんな日が
いつか来るとは思っていたけど…
パクリ「サイドワインダー」を斬る(笑)_c0095801_21004056.jpg


「Sidewinder」
遂にパクられましたぁ〜(笑)




まぁ、ある意味

「パクられるようになって一人前」

的な部分って有るので
ちょっぴり嬉しい気持ちもあるんですけど…




シレーっと質問(質問2)してみました
パクリ「サイドワインダー」を斬る(笑)_c0095801_17473163.png

なぬ?

「数年前から、既に使っている?!」

と言うことは…つまり、僕のほうが

パクってる

って事?


なんか無性に腹立ってきましたね(爆)






価格帯と
商品説明まで、ほぼ一緒(プッ)
とか

既に、自分の商品が堂々とパクられ販売されているのに
なんで自ら寄せる?











いや…そんなことより
(面白いのはココからですからね)

僕なんて使い始めて、まだ8ヶ月ほどなんですが(笑)
使用しているパーツや、マーカーの長さが
超絶同じなんですけど…(^_^;)

こんな偶然って、世の中にあるんですかねぇ〜?




あと…

マーカーの全長17cm


っていうには、実は理由があるんですよね

なんかパクっている方が、その理由を語るのも変な話なんですがぁ(笑)

あれは、一番最初に試作した際
たまたま手元にあった「αビック」の
一本の長さが14cm

初代の元がコレ↓
パクリ「サイドワインダー」を斬る(笑)_c0095801_19493559.jpg
これを指で適度に収縮を繰り返すことで膨らせると
大体16cm位になるんです

コレで試作を作ったら、普通に使えたので

「あっ、別にこれでいいや」(笑)

てな具合で

たまたま偶然に決まった長さなんです


その後、素材を別ブランドに変える際
リング結束のノリシロ分として+5ミリ+5ミリを足して…の
全長17cm




逆に
出品者は、なぜ17cmになったのか?聞きたいものです

このアイデアを生み出せる探究心の有る方なら
15cmや19cmでなく、なんで17cmになったのか?
その理由が有るはずです

紆余曲折の作成秘話なんか

是非聞きたいなぁ♪




でもね
出品者本人は数年前から使っていて、この仕様で販売してるわけでしょ?

そもそも
ホントに使ってるのかなぁ??




僕のほうは

使い始めて8ヶ月しか経ってないけど

色んな事を試した結果
17cm版は今では、ほとんど使ってないですからね



参考までに
今はこの仕様です

この最新版は、上野村漁協さんに納入済みです
(パッケージに“LW”表記がありますので、判別できます)
パクリ「サイドワインダー」を斬る(笑)_c0095801_20310993.jpg
ご覧のように両端で質量変えてるし…ね
(あっ…そうそう、このバージョンからチューブの方をティペットに結んで下さいね)




まぁ、いいです

コレで売ってて下さい


当方としても
パクったという確固たる証拠もありませんし
もしかしたら…偶然の一致という可能性も0ではないです



もうさすがに
進化版が被る…なんて奇跡は

ありえないでしょう







追記

ウチのブログをシッカリ閲覧されている方は
この「Sidewinder」がどんな経緯で生まれてきたのか

リアルタイムで
ご理解して頂いてる…という方が大半だと思いますので


皆様でご判断下さい





こんな拙ブログですけど
フライフィッシング初心者の方から
業界の方、テスターさん、プロと呼ばれるフライフィッシャーの方まで
ありがたいことに、一日平均訪問者数で2〜400のアクセス(PVでなく)を頂いております

まぁ、全て好意的ではない(笑)にしろ
良くも悪くも、それなりに影響力は有るようなので
アイデアの流用には、お気をつけて下さい

※あえて言わないだけで、結構みんな…知ってますから(怖い怖い)





あんまりいじると
諸先輩方から

「もぉ、その辺にしといてやれ」

って言われちゃうので(笑)

今回はここまでにしておきます





追記

by sureyamo | 2020-10-31 20:34 | and others | Comments(4)
2020年 10月 29日

お待ちかねのハコスチ釣行

台風による延期ということで、ちょっと油断をしていたんですが…

「冬季ニジマス釣り場」

いつの間にか開催しておりました(笑)
お待ちかねのハコスチ釣行_c0095801_17104927.jpeg
ライブカメラで濁りだけは毎日確認していましたが
ここまでくれば許容範囲

ただ…


肝心の魚影が見当たりません



川自体、全体的に浅くなってしまった…というのもありますが
魚影にはムラがある感じで

「魚の沢山付いている流れに陣取れた方」


「そうでない方」

とで明暗は思い切り別れてしまいます(^_^;)





釣り自体は、魚の鼻先にフライを流し込めれば
リアルニンフであろうが、アトラクターエッグであろうが
食わせること自体、さして難しいことはないです

それよりも…

掛けてから無事にランディング出来る確率の方が
低いかな(笑)
お待ちかねのハコスチ釣行_c0095801_16590073.jpeg
朝のうちは、全く魚の気配が感じられなかった流れも
時間の経過とともに、流れの彼方此方で
魚影が見られるようになりました

やはり、朝のうちは底ベッタリなんでしょうね


早朝に釣ったウグイ(10cm)で、今日は終了かと諦めていましたが
区間下流部のポイントを譲って頂き…
お待ちかねのハコスチ釣行_c0095801_17005599.jpg
糸鳴りギュンギュンなハコスチファイトを
堪能させていただきました


ナノスムースのバーブレス♯12に巻いたヒラタニンフも
シャンクの末端まで深く刺さると
全く抜ける気がしませんね


もうチョイ奥にフッキングしてしまったら
0.3号のティペットは瞬殺、アウトだった事でしょう
お待ちかねのハコスチ釣行_c0095801_16590364.jpeg
測ってみたら54cm

ファイト中は、そんなに大きくは感じなかったんですけどね(笑)


このサイズのハコスチでも(単発ではありましたが)ライズもしていたので
狙い方によっては楽しいかも知れません




冬季ニジマス釣り場は

アトラクター的なフライに反応が鈍くなった頃が
断然面白く、勉強にもなるので

そんなに焦ることはありません


落ち葉の流下も、これからが本番だし…
来年の2月まで
ジックリと楽しませてもらうことといたしましょう


お願い

by sureyamo | 2020-10-29 19:29 | River fishing | Comments(2)
2020年 10月 21日

テストの日々

テストの日々_c0095801_20074235.jpeg
今年のはじめに、試作品の「SIDEWAINDER」を実釣で試して頂いた
東京の釣り仲間をお誘いして

製品版(ご購入ありがとうございました)と更なる試作品を
再びテストして頂きました



こういうのは、自分一人で詰めていると
知らず知らずのうちに贔屓目になってしまうもの

客観的なご意見を伺う機会は、何より貴重だし
重要なことです

テストの日々_c0095801_20074628.jpeg
案の定、僕自身は結構

「いいんじゃね?」

と思っていた試作品ですが


ご意見を伺ったところ
使い勝手を含め…総合的に

「製品版のほうが良い」

という結果になり…当面の間は今まで同様

モデルチェンジはしない方向

で行こうと思います

テストの日々_c0095801_20075267.jpeg
ただ

慣れてしまえば
この試作品も普通に使うことは出来ます

既存の「Sidewinder」だと、ちょっと大きすぎて恥ずかしいなぁ…(笑)
なんて感じている方がいるとしたら、こちらの方がオススメですね


なので


ちゃっかり?商品に紛れ込ませる(笑)予定です
(パッケージに「サイドワインダーLW」記してあるものが、それに該当します)



テストを手伝ってくれた仲間も
今ではすっかり「Sidewinder」を使いこなしていて

止まらぬストライクを延々と楽しんでおりました
テストの日々_c0095801_20074917.jpeg
とは言え、状況的に「すごく良い」というわけでもなく
スレ度は、かなり進行している印象で
周りを見ても、そんなに「釣れてる風」でもありません



そんな中にあって


何匹釣るか…ではなく

どうしたら

ストライクを途切れさせないか


ということだけ集中しました




こんなマイクロニンフの出番もありましたけど

目標は、概ね達成したように思います


by sureyamo | 2020-10-21 20:09 | River fishing | Comments(0)
2020年 10月 16日

今季初にしてラストなエギング

今季初にしてラストなエギング_c0095801_17563369.jpeg
久しぶりのエギングに行ってきました

今年初にして(笑)…ラストのエギング釣行になりそうだったので
今回は気合を入れて富山まで足を伸ばして来ました


と言うと聞こえは良いのだけれど、本当の目的は
弊社のお客様が来月発売予定の新作ルアーの商品(イメージ)撮影!

撮影自体、ほんの数カットだけ…なんですけどね(笑)

仕事と言う「大義名分」が有ると
釣りに行くのも、ちょっとだけ気が楽になります
(個人事業主あるある)




最初に向かったのは「親不知」

期待のマズメ時に、テトラ周りとサーフを攻めてみたのですが
時間の経過と共に、強まる風が悪かったのかノーバイト

一旦撤収し、入善町のラーメン屋で作戦会議となりました


結局

何処まで「下る」のか

という話になったのですが、ラーメン屋の女性店員さんから

「今、アオリイカはあまり良くない」

なおかつ

「釣れても小型」

と言う情報に…(^_^;)


一時は「穴水」まで行っちゃうか?
と盛り上がったりはしたものの

結局、越中宮崎漁港でナイトジギングを、軽〜く消化し(もちろんノーバイト)
さらに下った黒部漁港にて、軽く下見をしつつ
車中泊となりました



明けて朝4時から釣りを再開!
今季初にしてラストなエギング_c0095801_17563969.jpeg
やっぱり釣りはデイゲーム!

右も左も分からない初心者エギンガーには
真っ暗な夜釣りは勝手がわからず
(…っていうか僕はまだ、その面白みが感じられずなのです)



それでもノーバイトのまま、刻々と時間は過ぎていきます

隣の同行者がアオリイカを仕留めたのを目撃し
もう言い訳ができない状況(笑)になり、さすがに焦ります(^_^;)



それまでの2.5号のエギから3.5号に変え
遠投で広範囲に探りを入れ

頃合いを見計らって2号に落とし
至近距離をテンションフォールでネットリ探る…という作戦です


その1発目
今季初にしてラストなエギング_c0095801_17564168.jpeg
やったぁ〜!


人生初のアオリイカは
釣れちゃった…ではなく、胸を張って「釣った!」と言い張れる
内容凝縮の1杯となりました


かなりミニサイズでしたけど、別にいいんです
僕は満足で〜す
(当然リリース)



ただ…その後はパッタリ
(そ〜ゆ〜展開にも、なんだか慣れてきました)

今季初にしてラストなエギング_c0095801_17564295.jpeg
親不知付近の海岸で
本来の目的である写真撮影をこなし


最後は上越市の黒井堰堤(有料)まで北上

僅か二時間弱のエギングでしたが
やはりアオリは不発だったものの
なんと…シイラに大人気(笑)

シイラの群れにリアルなサバカラーのエギを投入した途端
その中の2〜3尾がエギの取り合いでした

エギのカンナでは、さすがに釣り上げられませんでしたけど
ショアジギングも、なかなか面白そうですね〜






by sureyamo | 2020-10-16 20:46 | and others | Comments(0)
2020年 10月 02日

試作、新サイドワインダー


しばらく頓挫していた「Sidewinder」のテスト再開です


「Sidewinder」自体は、今現在販売させて頂いているタイプが
誰でも最も使いやすい仕様(浮力を含めた太さ、長さ)であることに違いないのですが

僕自身が真剣に使っていく上で

どうしても気に入らない点

が2点ありました




ひとつは、先端部の浮力が邪魔をして
下の写真のような浮き方(先端部のみ沈む)に馴染むまでに
タイムラグが有るという問題と
試作、新サイドワインダー_c0095801_22424125.jpg
あとは…
「Sidewinder」の存在感が有り過ぎて(笑)


ちょっと恥ずかしい(^_^;)







これを解消すべく、素材の太さと長さを
もう一度見直したサンプルを持ち込んでのテストです
試作、新サイドワインダー_c0095801_22424833.jpg
実際に使用してきた感じでは

サイズが小さくなったことで、プレゼンテーションがより自然になったのと


もうワンランク、感度が上がった

気がします(笑)







ただ良いことばかりではなくて
浮力が弱くなったことにより、スプリットショットは
市販で一番軽い号数(G8)でさえ使えなくなりました

そのために、ウェイト入りのニンフを直結で使うことになるのですが
検知できるストライクの三分の一は

乗せられなくなってしまいました(^_^;)



スプリットショットによる「糸の張り」っていうのは
やっぱり大事なのですね


ただ魚の活性に助けられて
終始「入食い」…(笑)

試作、新サイドワインダー_c0095801_22422567.jpg
そこら辺が今後の課題
来年の解禁までに、ある程度カタチにしたいものです



今月の10日から「上野村の冬季釣り場」が開設となります
「Sidewinder」にしてみれば、究極のテストフィールドですので

いまから楽しみです




by sureyamo | 2020-10-02 23:09 | item | Comments(0)