Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 09月 08日

新兵器

 先日、店長との丸沼攻略談義の中で‥‥‥

『アレ』使ってみたらいいんじゃないか?

とのヒントを頂戴し、早速釣具屋さんに出向いて『例のブツ』を購入。
 
バイスの前で、あーでもない、こーでもないと試行錯誤した結果
一本の試作フライが完成

早速バスタブに水を張ってのスイミングテストを繰り返し
ようやく完成まで漕ぎ着けました

その名も
『ボトムランナー』

またの名を

『ズル引きリーチ(^_^;)』





何だかヤバくないですか?これ(笑)


重量は0.3g前後に抑えたので、フライとして飛ばすのに問題ありません
(通常自分の使用するマラブーは0.2〜0.4gですので)


このフライの一番の特徴は

沈下中は勿論のこと、完全に着底した状態であっても
フックはキール状態で保持される、ということです

通常のキールフックの場合には着底と同時に横倒しになるため
ポイントが湖底に接触
根掛かりのリスクを無くすことは不可能なのですが
(それを回避するには、的確なカウントダウンで底スレスレを引いてくるしかない)

このフライは、仮に湖底に傾斜がついていたとしてもフックが倒れてポイントが底を拾うことはマズありません

また、フックは常にキールをキープした状態なので
上方から底のベイトを啄むように捕食するトラウトにとって、真っ先に触れる部分がフックポイントになります
ショートバイトの対策にもなりそうです


実際には、数十メートル沖合の湖底に沈ませるフライですから、動画のように細かなアクションというのは無理だとは思いますが
スローなズル引きでも、これだけ動くフライ(安心してリトリーブできるフライ)も、そうはないでしょう
因みにマテリアルはマラブーしか使ってません


湖に立ち込んでいると、足元で右往左往するベイトの
まさに、そんな動きが演出できそうです


フライカラーとしては湖底と同色のカモフラージュカラーを準備したので
次回の丸沼でテストしてみたいと思います

今現在で、もっとも懸念されている問題は
こんなフライ、短気な自分にリトリーブできるのか?というトコロでしょうか。

まぁ、そんなところも含めて
乞うご期待


# by sureyamo | 2018-09-08 21:44 | fly pattern | Comments(0)
2018年 09月 03日

再々挑戦

現在好釣が続く丸沼

これから本格的なターンオーバーが起こる前の
このタイミングに少しでも多く通い倒したい‥‥‥ということで

今回、急遽丸沼釣行を決行!!



我々と同じようなことを目論んでいる?アングラーで
発券前の早朝の丸沼は珍しく賑やか


通常であればルアーアングラーの方が多い印象なのですが
今回は何故かフライマンが圧倒的多数!
c0095801_17312831.jpg
静寂の湖面

朝から随所でライズが見られ、この日は至る所で『魚っ気』がプンプン❤️


前日、店長さんとの作戦会議で
比較的浅棚を回遊してくる『ヤル気のある』マス達を狙おうという事で
自分はフローティングラインをベースに、ポリリーダーの各レートを用意
(店長は、今回は敢えてルアーで挑戦する!とのこと)


前回、カケ上がりでの根掛かりを恐れるあまり

ポイントを攻め切れてなかった(^_^;)

という反省を踏まえた末の選択





発券場前では、常連Tさんの姿が!
(この状況で来ないわけがない‥‥‥か?!)

お願いして一級ポイントの片側に入れてもらいました
(ありがとうございます)

c0095801_17313347.jpg
今回のファーストフィッシュ

メインとなる流れ込みで釣れる魚より、ここの場所は若干大きめ
このポイントでこのサイズは小さい方

最近、成魚放流される、こうしたヒレのシャンとした個体は
釣り味(引き味)満点

ダブルハンドでも、まぁまぁ楽しむことができます



いやそれにしても、スリット対面に入られたTさんの
釣ることと言ったら‥‥‥

同じポイントを狙っているんですけどね
こうも違うモノなのか?

これ、結構凹みます(爆)


でも当然、それ以上に勉強にもなりますからね



Tさんはラインのシンクレートを上げた『ベタぞこ狙い』

それは判っていても、早々に真似して釣れれば
世話のない話でございます




己を信じて(←コレは冗談でなく、結構大事)

フォール中のバイトに全神経を集中!


運良く今回は、凪の時間も当たりが続いてくれたので
ラインスラックの目視で当たり連発

【この手の釣りは、風が吹くと(水面の波でラインに余計なスラックが入るし、目視での当たりも取れなくなる)継続が難しい】



実はこのフォール中で食ってくる魚って

どういう訳か

デカイ魚が多い

というのが自分の定説です
c0095801_17313762.jpg
ツンツン引くと、向こう(魚も)もツンツン❤️

こんな駆け引きは

結構楽しい

まぁ、実際には、魚の方でドーン!!と持って行ってくれないと
なかなかフッキングまでは至らないのだけど‥‥
c0095801_17313580.jpg
そんな釣りで

尾びれが欠けてなかったらロクマルだった(であろう)

デカ虹ちゃん

そして、その後に掛けた魚は
この魚以上の引き味


私的感覚では

魚の重みが乗ると、ワンテンポ遅れてゴクンゴクンなヘッドシェイクが始まるのがロクマル(まで)クラス

魚の重みが乗って、そこからグッと引き寄せても、まだ重いまま
それでも耐えてると、面倒臭そうに(笑)ストロークの長いゴック〜ンゴック〜ンのシェイクが始まるのが
ソレ以上のクラス



コレはもちろん後者の方



でもまぁ、結局はラインブレイクしちゃうんですが(ぷっ)
このポイントでは、先日ナナマルクラスも上がっているので

別に、こういう出来事は
現在の丸沼の状況からすると

珍しくはない!!

ようです(爆)
c0095801_17313995.jpg
好調なTさんには遠く及ばないものの

4〜50クラスは、ポツリポツリと釣れてくれています

こういう状況が、果たしていつまで続いてくれるのでしょうか?



今回も仕事の都合でお昼で上がってしまいましたけど
いつも家に着いてから『もう少し粘れば』と後悔ばかりしてしまいますね

次の機会に備えて、新たな作戦を練りたいものですし
最近では、そういう時間が妙に楽しかったりしますからね
(だから最近、1日釣りだけに没頭できないのかしら?)






追記

# by sureyamo | 2018-09-03 20:57 | Lake fishing | Comments(0)
2018年 08月 27日

丸沼リトライ


 ここ最近、俄かに好釣?との噂を聞きつけて
丸沼の再挑戦に行ってきました


駐車場に乗り付け、先着している店長さんにご挨拶しようと車から降りたら
ボルボの脇で釣り仕度をしている方に声を掛けられました

以前、渡良瀬川で良く釣りをご一緒した
I先生
(本物の先生)

かれこれ10年以上ぶりとなる突然の再会
群馬は狭いですね





今日の丸沼は、前回の釣行より流れ込みの水温が低く
なかなかの好条件


I先生においては、7月にもコソッと(笑)丸沼で釣りはされたようで
勝手はご存知の様子
c0095801_16364740.jpg
ダブルハンドの自分には、ほとんど『あたり』が無いというのに
シングルでパタパタと魚を掛け始めました

空気読んでよ〜(ぷっ)



風前の凪は『あまり良い思い』をしたことがないのだけれど
どういうわけだか、メインの流れ込みのワンド(←湖底の形状)内では頻繁に湖流が発生しています

とは言っても突発的な感じで
数投げているうちに、すぐに無くなってしまう程ですけどね

c0095801_16365014.jpg
魚の『あたり』は
必ず、こんな引き重りを感じるリトリーブ中に来るもの

魚からのコンタクトが来る『直前』が、なんとな〜く『わかる』気がするのは
単なる“気のせい”ではないのかも知れませんね



本日のファーストフィッシュは、いささか小ぶり
少し前に一尾、ファイト中にバラしているので、コレでようやく一息つけるというものです


そして待望のアゲインスト

メインの流れ込みに入るのも、少しご無沙汰していたので
久しぶりの向かい風♪


魚を釣るには絶好のチャンスではありますが‥‥‥‥

投げにくい事、この上なし(爆)

c0095801_16365626.jpg
アゲインストのシュートは

ついつい風に対抗して、強く振り抜きたくなるのが人情(?!)
まぁ、それも満更間違いでもないのでしょうが

せっかく放ったループが、落下の過程で風で押し戻されないよう
シュートは水面ギリギリ!できるだけ低く射出することを心掛けたいものですね

私的には
ロッドティップが水面を叩く位まで一気に振り倒すイメージ
(剣道で例えると『中段』の構えがシュート時のストップポジション)
振り幅の増大で、ラインスピードも自ずと増加


もちろん風速にもよりますが
平常時に比較して飛距離の損失は、思っているほど悪くはない印象です


アゲインストで『いきなり飛距離が落ちる』という方でも
諦めずに頑張ってください

c0095801_16365228.jpg
シャローでは魚影が目視できるくらいに魚影は濃いので
シングルのサイトフィッシングも面白そうです

反応自体は個体差があります
サイトで無反応の魚ばかり相手にして油断していると
時折態度を急変させ、むしゃぶりつくように食ってくる魚たちも居たりして

これはこれで面白いのですが
自分的には『想像力が馳せる』ブラインドの釣りが
どちらかというと好きですけどね


徐々にサイズも上がって来ますが
バラシも多かったです
c0095801_16365461.jpg
メインの流れ込み

今日のアベレージはサイズ控えめのようでした





とまぁ、そんなことより
スリット方面に入られたTさん、I先生は絶好調のようで

見るたびにロッドが曲がってる

とか魚の写真撮ってる?

って感じで、非常に楽しそう(笑)

c0095801_16365887.jpg
こちらもおこぼれ頂戴的

お二人に近づいてはみたものの(笑)

まぁ、現実はそんなに甘くはありませんね




それでも水温も気温も、とっても快適!
そしてないより

久しぶりに『釣れる丸沼』
を満喫してきたのでした


# by sureyamo | 2018-08-27 22:30 | Lake fishing | Comments(0)
2018年 08月 07日

丸沼 夏の陣

c0095801_08333118.jpg
事前情報では『厳しい』ことは承知でしたが
あえて丸沼に挑戦!

現地では、オカッパリのフライマンは常連さんと我々(今回は店長さんと一緒)の三名のみ

やはり状況は噂通り?




それでも湖面にはライズが散見されるほど
活性はさほど悪くなさそうです




個別にポイントに散開し、自分は牛舎へ!

無風で凪の状況の割に、数投目のリトリーブで、コツコツと連続する『あたり』
これは期待できるかも‥‥

と思ったものの、結局反応があったのは
その一回のリトリーブのみ



c0095801_08332769.jpg
今回はライズもある(事前情報で)ということで
持ち込んだ♯6のシングルハンド

ライズ圏内はフルラインでギリギリ届く距離

一回はフライに出すことはできたものの『乗らず』
フライが合わなかったのか??


いつもはスイッチかダブルハンドしか持ち込まない丸沼ですが

たまにはシングルも楽しいものです


まぁ、魚が釣れるともっと楽しいんですけどね(笑)

c0095801_08333558.jpg
岸際の水温ですが、これが意外に冷たくて
状況的には『悪くない』気はします


11時くらいから吹き始めた風に
かすかな期待を込めて振り倒すものの


沖から吹き寄せられた湖水は意外にも高水温でした

その後に風もピタリと止んでしまい、期待できる要素を全て失ってしまった我々は
今回の釣りは『ここまで』としました


まぁ、こういう事もあります


ここ最近はイブニングが好調のようなので
行かれる方は時間帯をずらされた方が良いかもしれません


# by sureyamo | 2018-08-07 09:12 | Lake fishing | Comments(0)
2018年 07月 23日

柿崎のキス釣りと新型ジムニー

c0095801_21405548.jpg
前日の夜11時30分に埼玉の自宅を出発!

真夜中の下道をノンストップで走ること約4時間
直江津にある『本間釣具フィッシャーズ上越店』に、朝三時半に到着しました

こんな時間から営業しているなんて、とてもありがたい釣具屋さん
こんな時間でも駐車場は満車のこともあるみたいです




ここで本日の釣りの同行者でもある『店長』さんと合流
今日の店長は、巷で噂の『新型ジムニー』のテストドライブを兼ねての参戦

すでに外装カスタムまで施してあるので、当然注目度は満点!

c0095801_21405955.jpg
まず手始めに『黒井新堤』にサーフに一番乗り

隣にそびえ立つ火力発電所が、妙な威圧感の釣り場ですが
この界隈のキス釣りのメッカのようです


仕掛けを投入直後から、小気味良く竿先を『ブルブル』震わせたのは
本命のシロギスなのですが

なんとも小振り
c0095801_21410321.jpg
隣の店長も、同様のサイズを釣り上げます

その後も『あたり』はあるものの、なかなか型は上がりません
周囲の釣り人の様子をみても、あまり芳しくはなさそうです


ここで場所替えを決断!
前回のポイントでもある、柿崎周辺で仕切り直しを決め込みます
c0095801_21410755.jpg
新型を追っかけて北上!

前回同様の柿崎は、ほとんど貸切状態でした。
午前中まで目一杯釣りを楽しんで、二人揃って『まぁまぁ』の釣果


あまりに釣りに夢中のために
肝心の釣りをしている写真がなかった∑(゚Д゚)のはご勘弁
(笑)


まぁとにかく、今回は
仕掛けやら釣り方やら、色々と勉強になりました

新しい釣りを習得していく過程で
次々出てくる新たな発見と課題!
釣りはなんでも楽しいですね


なんとか次に繋げたい(次はいつなのか不明)ところです

c0095801_13453802.jpg

実はこの車は、店長のお店の試乗車

納車?された時も、ちょうど自分もお店にいて
その時は何も感じなかったのですが

こうして真夏の青空の下で見る『ブルー』の車体も

なかなか映える!


タイヤ&ホイールとキャリア、ロッドホルダーにナビといったところに
すでに手が入っています

僕は(部外者としては)一番最初に試乗させてもらったのですが

大概の軽自動車が持っている『ペラペラ』『フラフラ』といった感じが無く
直線を走っただけでも、なんとなく剛性があがった雰囲気は感じ取れます

さらにそこからステアリングを切ることで
感じていた高剛性感がハッキリとした『確信』へと変わります

車窓からの風景はスクエアに切り取られ、ルーフも低いことも相まって
ともすると狭く感じてしまうような空間も
自分にとっては心地よい『手狭感』
(私的に、もともと運転に集中できる狭い車が好きなだけですが)



ただし、全てが全て、既存のJB23を超えて『あっぱれ!!』
‥‥とまでは行きません



それはやはりエンジン

効率化を求めた結果なのか
万人受けの無難な味付けに感じます


従来のジムニーに潜在的に存在していた

『乗ってて楽しい』とか『ワクワクする』『走りたくなる』

なんていうか

『機械を操作している』という感じ

がなくなってしまいました






また店長の話によると
『クルーズコントローラで時速100km設定時の燃費がリッター10km』
とのこと

まずこれを『良い』と見るか『悪い』と見るか

もともと軽自動車の中でも重量級のジムニーです
新型のジムニーから軽自動車に参入してくるユーザーにとっては
この燃費は、多分『悪い』と判断を下されてしまうかも知れません
(いちいち燃費なんてどうでもいいくらいに魅力的な車であることの方が大事なんですけどね)

所詮は小排気量の車、高速巡航向きではないところに持ってきて
大気に喧嘩を売っているような(笑)真四角なボディを考慮すれば
個人的には『妥当な数値』に感じます




総評して新型は良いですし
この車なら、正直一台追加で欲しいくらい


そう、これはもう

ジムニーという名の別の車

なのでは
c0095801_21411016.jpg
JA71(昔、代車で乗っていた)→JA11→JA12c→JB23

と乗ってきた感想としては、ジムニーはモデルチェンジのごとに
『トラック』から『乗用車』への進化を肌で感じてきました

そんな視点で、改めて今回の新型を見てみると

やはりJB23まではトラックだったのかな?

と思えるほどの出来栄えであり

ジムニーとしては正常進化として
これは素直に受け入れるべきだと思います
(好き嫌いは別として)


まぁこれで
僕のJB23も、めでたく型遅れの仲間入りとなったわけですが(笑)

なんだか逆に
ヤンチャなJB23が、ますます好きになってしまった(ぷっ)


新型が出たからといって、JB23の相場が急降下する‥‥とも思えないので
(良質のノーマルJB23車が下取り等で出回るとは思います)

JB23乗りの方は自分も含め、これからも大事に乗り続けていきましょう





まぁ、そんな感じで
帰りもノンストップで下道使って戻ってきました

半分フラフラになりながら

鱗と頭を落として、内臓も処理
c0095801_21411209.jpg
c0095801_21411484.jpg
そして、27匹分の『背開き』まで処理しました

骨の処理に失敗して、ごっそりと半身が取れてしまったのが1匹出てしまいましたが
あとは概ね良好でした

もっと釣ってくる気でいましたが、後処理を考えると
今回ぐらいの量が限界かもしれません。







# by sureyamo | 2018-07-23 23:10 | and others | Comments(2)
2018年 07月 22日

ステッカーが仕上がりました。

c0095801_17485070.jpg
オリジナルステッカーが仕上がりました

楕円の方は白塩ビ製でマットPP仕様
耐候性なので、自動車に貼っても数年は持ってくれるはずです

下の方は、仕様的には楕円のタイプと変わらないのですが
透明塩ビ製

文字と車の部分以外は下地が透けるステッカーですので
ウインドーに貼っても『浮きません』し、車の色を選びません
(ただし、明暗色は黒色が沈んでしまう為、おすすめできません)

楕円のステッカーは無料プレゼントなのですが、まだ少しだけ残ってます

透明の方は有料になりますが、弊社HPのショッピングサイトからご購入できます
c0095801_17485229.jpg
特に暑い日中では、ビニールのシールが伸びてしまうので
貼るときにも注意してください

いきなりダイレクトに貼るのではなく
霧吹き等でしっかり濡らしてから貼るようにしてください

こうすることで、ステッカー自体の温度を下げることにもなりますので
不必要な伸びが避けられます


# by sureyamo | 2018-07-22 18:04 | JB23w | Comments(0)
2018年 07月 17日

海の日の海つり

c0095801_06262533.jpg
『海の日』なんて、今まではほとんど無縁だったわけですが
今回は家族への慰労?を兼ね、上越市に一泊してきました


『海の日』の1日前に柏崎で海水浴
翌日は柿崎でサーフから、久しぶりのキス釣りに挑戦!というスケジュールです


海水浴の記事は割愛するとして(笑)
釣りの方は、いつもお世話になっている店長さん御一行とスケジュールを調整し
ご一緒させていただきました



それにしても
キス釣りなんて軽く40年ぶり(笑)くらいなんですが、大丈夫でしょうか?


事前に再調査した仕掛けは、以前とさほど代わり映えしないものでしたが
投げ釣り用『錘』は、いろんなタイプが出ていますね

もちろん昔ながらのジェット天秤も準備してきました


ただ、用意した竿が柔らかすぎで
購入したジェット錘の重さが合わず、結局はあまり出番はありませんでした

c0095801_06262759.jpg
青空をバックに穂先にだけに意識を集中する釣り

なんて平和なのでありましょう




時合いに当たれば、仕掛け放置でも勝手に食ってきますし
効率よく尾数を稼ぐことができます

アタリも穂先に明確に現れるので、コレはコレでなかなか楽しい


ただ問題は時合いを外した場合には
放置では効率が悪いようです

地元?(常連)の方の釣り方を見ていると
超スローのリーリングで釣っているようです

今回は、昔購入した安物リールの調子がイマイチ良くないので
ロッドをゆっくりと煽りつつ、余ったラインだけリールで巻き取るような釣り方でしたが
それでも十分に対応できました
c0095801_06262937.jpg
ただし釣れるのは1匹つづですけどね

放置と違って針を飲まれることはありませんが
『あたり』の割に乗らないことも多々あります

ここら辺の駆け引きも、ひとつの楽しみとすれば
それもまた良し!

c0095801_06262180.jpg
こういう釣りは、まだまだ早い二人のチビらは
早々に戦線離脱(‥‥というか邪魔)

店長さんらが早上がりされ、ウチらもそろそろ上がろうか、という時に
隣で釣られていた釣り人との仕掛けがお祭り

絡んだ仕掛けを解いてあげていたら、なんと6本ばり!
効率は良さげだけど、なんだかトラブルも多そうかなぁ

まぁ、勉強になりました(笑)

午後の早い時間にはウチらも撤収
下道4時間強をかけて、自宅埼玉に戻ってきました



そのまま夕食の支度を開始
生まれて初めて『キスの背開き』に挑戦!

c0095801_06263116.jpg
切れない包丁でしたが、なんとかソレっぽい形にはなりました(笑)
もちろん天ぷらにして、美味しく頂戴いたしました

やはり釣りたてが一番ですね



次に機会があるとすれば
もっとライトタックルで楽しめる仕掛けを考えてみようかしら





# by sureyamo | 2018-07-17 07:22 | and others | Comments(0)
2018年 07月 08日

神流川C&Rフォーラムを振り返って


19回目神流川キャッチアンドリリースフォーラムも
無事に終了いたしました

c0095801_17484068.jpg
第一回目の開催から20年

一回だけ台風で中止になった以外
ほぼ毎年開催され続け
ここまで息の長い『漁協主体』のイベントというのは他に類を見ません



日本ひろしといえど
釣り人の距離感が、ここまで近い漁協というのは希少であり
なおかつ、この関係性が20年近く継続しているのは何故なのか?

それは、このイベントに一度でも参加してもらえれば
理解して貰えることでしょう
c0095801_17483854.jpg
参加者の皆さんにおかれましては
開催される全てのイベントは基本的に無料
(お弁当、入漁料は別)

無料だからといって対応する講師陣は
『何処の馬の骨』なのではなく超一流ですからね

c0095801_17483312.jpg
いつもは里見さんのサポートということで
お喋りばかりして、ロクに釣りしない自分ではありましたが

今回は『暫く振りの釣り』ということで
チョコっとフライを流してきました

魚の活性は上々でしたが、上流区間に行けば行くほど
魚はシビアさを増し

ライズの数とは反比例に大苦戦でした


c0095801_17483109.jpg
自分らに追いついてきた里美さんには
ガチな釣りをおねだり(笑)

こういうのが一番参考になります
c0095801_17482896.jpg
本谷では現在、大量の珪藻が繁殖し
区間によっては河床を埋め尽くしています

今後、生態系への深刻な影響も危惧されており
我々釣り人においては釣り具(特にウェーダ)の滅菌処理の徹底が望まれるところ

これら詳細について明確なガイダンスが判明次第、当ブログでも情報発信していきたいと思います

c0095801_17482309.jpg
次回のフォーラムは、記念すべき第20回目の開催となる予定です

19回目が終わったばかりで、次のフォーラムのお話も野暮だと思うのですが
開催日時も場所も、さらには開催内容まで大幅に改変し
より一層魅力的なイベントになりそうです





# by sureyamo | 2018-07-08 23:17 | event | Comments(0)
2018年 07月 06日

Crazy Crawler

ブログの更新が止まってしまいましたが、ちゃんと生きております
ただ、なかなか釣りに行く時間が取れません

明日は、今年で19回目を迎える『神流川C&Rフォーラム』が開催されます
久しぶりに釣りが出来そうなので、いまから楽しみです!



話は変わりますが

自分が今のジムニーを購入した動機のひとつ

実は

『ロッククローリング』

がやってみたくて、そもそもそれが目的だったりしたのですが


車両のダメージが半端じゃないことや、地元ではそんなに盛んではない(ほとんどクロカン)こと

そして距離を重ねるごとに車に対する愛着が深くなってしまって
次第に、車を痛める『この手の遊び』に、いつしか触手も萎えてしまいました

ただ当時、ロックのチームも作りたい!という思いもあって
実はチーム名だけは考えてありました

その名は

『Crazy Crawler』
(そんな名前のルアーもありましたね)

ロゴマークも作ってありました



c0095801_20254318.jpg
今回は、そのステッカーの復刻版を製作中です
復刻といっても事実上は存在していないですから、あくまで自分の脳内復刻に過ぎませんけどね


まぁ最近、ジムニー乗りの仲間も増えてきましたし
そんな仲間に配って愛車に貼ってもらえれば嬉しいかな


もちろんチームを立上げる気は全くありません
このステッカーを通じて、勝手に繋がって貰えれば良いかなって感じです

製作中と書きましたが、デザインは若干の手直しが入りますので
今後も変わる可能性がありますし、配布時期も未定です


しっかり耐候性は持たせたステッカーとして製作します
ご希望者は当ブログのコメント欄にご記入ください


また弊社HPには配布バナーを設置する予定ですので
そちらからお申し込みできる形にしておきます


基本的に希望者には初回のみ無料で配布いたします
第2刷以降は有料になるかもしれませんが、その時は色変えも予定しております

できる限りお乗りのジムニーに貼っていただきたいモノなのですが
デザインを気に入っていただけたのであれば、縛りはありません

クーラーボックスでも冷蔵庫でも
クラウンに貼ってもらっても、それは構いません(笑)

ふるってご応募ください


# by sureyamo | 2018-07-06 20:44 | JB23w | Comments(0)
2018年 05月 31日

ほぼ2年ぶりの湯の湖

c0095801_10565278.jpg
今回は『湯の湖』に来ています

昨年、気がつけば一度も訪れませんでした
(そもそも仕事ばかりで、そんなに釣りに行かなかった)


中禅寺湖をフライフィッシング的に『HARD』とするならば
湯の湖は目一杯『SOFT』

相手(魚)の都合に
とことん寄せなければ成立しない(高度な?)釣りとは対極!
自分の好きな釣り方を寛容に受け入れてくれる
いつも安定のフィールド

そう‥‥‥それはまるで
実家に帰ってきたような(笑)心地良さに近しい感覚


それこそ湯ノ湖の魅力!




余暇という非日常を
ノンストレスのマイペースで、伸び伸びと過ごす!
には‥‥‥これ以上最良のフィールドというのも、実はそう多くありません


いま一線でガンガン釣りに熱中されている方(そういう時期は大事です)には
おそらく理解は難しいとは思いますが


ある程度、この釣りに
枯れてくると(笑)

こう言った湯の湖の良さというのを
改めて感じることがあるのは事実です


c0095801_10571752.jpg
この日は珍しく、釣り人は自分一人だけ(朝だけ)

全く無風状態からのスタートでしたが
遠投すると、リトリーブでグッと感じる引き重り感!

射出したフライの性質上、かなり『早引き』が求められたのですが
そんなフライを元気よくひったくってくれる魚が
今回はたくさん居てくれました


ちょうど沖目に、良い群れが長い時間(といっても多分数10分くらい)停滞してくれたおかげで
6投で5尾ゲット
c0095801_10565648.jpg
30〜35cmが

判を押したように釣れてきます

このサイズにして引きは強く
迂闊にロッドを立てようものなら
バーブレスフックはあっという間に外されてしまいます

まぁ、取り込みで魚体に触る必要がないので
世話がないといえばそうなのですが‥‥‥

c0095801_10565816.jpg
たまたま、湯元レストハウスの福田健人君が
雑誌の取材で隣に入って‥‥‥

あっ、そういえば彼と一緒に釣りするのは初めてでしたっけ(笑)

c0095801_10570011.jpg
カメラマンを前に、サクッと釣っちゃうところなんか
ニクい!

彼のような若くで情熱のあるフライマンが
業界をどんどん牽引してってくれると嬉しいですね

っていうか、魚が何気にデカイんですけど(^◇^;)

c0095801_10571569.jpg
こっちも若い氏に負けてられません

おっさんだって意地がある!と
頑張るのであった(爆)


c0095801_10572287.jpg
彼と同サイズをゲット!

(本当ならゴーマル以上が欲しかったんですが、今回はご縁がありませんでした)

結局、終始こんな感じのユルユルな釣りにも関わらず
午前中だけで釣果は13匹となりました




そして

本命(姫ます)狙いのイブニングで場所移動!

この場所でのイブは一人だと心細いので
たまたま隣に入られたフライマンの方をお誘いしました

しかし無情にも


c0095801_10570669.jpg

雨のイブニングは期待薄ということで
自分だけ戦線離脱させていただきました

その後、どうだったのでしょうか?
非常に気になります



再戦はあるのか?
(自問自答)


# by sureyamo | 2018-05-31 17:21 | Lake fishing | Comments(0)