Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 05月 16日

ショットシステム

c0095801_17160767.jpg
先日の増水が徐々に落ち着こうとしている神流川では
今がベストシーズンを迎えています

水量的にはまだまだ多めではあるものの
ヤマメの高活性は目を見張るものがあります

成魚放流ですが解禁当初より、ワンランクサイズアップの魚体ばかり
アベレージは25cm以上


コンディションも上々

ドライ、ニンフ選ばずなので
一生懸命に釣ったら結構な数は稼げそうですが

こういうタイミングの時にこそ
兼ねてから思案中の『仕掛け』を煮詰めるチャンスということで
今回はショットについて色々と試してきました



その前に自分の基本システムはコチラ

c0095801_18170900.png

以降は、予てからテストしてきているショットシステムを改めてテストしてきましたので

それらのメリットとデメリットをイラストで貼り付けておきます

c0095801_18170622.png
c0095801_18170394.png
c0095801_17160582.jpg


c0095801_17155972.jpg
c0095801_17160159.jpg
c0095801_17160301.jpg
今回テストした流れはこんな感じ

赤のマーキングがヤマメのテイキングポジションでした
沈み石の後方にできる緩流域

動画でアップすれば分かりやすいのですが、これが結構な流速・流圧で
餌取りに夢中のヤマメたちも忙しそうに泳いでおりました


こういうポイントを釣るのは
ツインショットシステムが効率良かったですね


ただしそれ以外のポイントに関しては
この
c0095801_18165297.png

全ての『アタリ』が明瞭に出るので
かなり痛快

結果として

いちばん釣れました(笑)


まぁ、今回は特に高活性だったということも多分にありますが



そんなわけで

流れに合わせてベストな組み合わせというのがあるので
色々と考えてみると面白いと思います

自分は後者を、もう少し煮詰めていこうかな〜と思います


# by sureyamo | 2018-05-16 18:39 | River fishing | Comments(0)
2018年 05月 13日

-0.41

今日はこの時期になると恒例となる

渡良瀬川の河川清掃

のお手伝いに行ってきました


清掃会集合前に、ちょっとした事?があったものの
イベントの方は滞りなく終了



その後は、遠方からお越しの釣り客人をプチガイド

c0095801_16333021.jpg
と言いましても、今回は国交省HPの
川の防災情報

から利根川水系-渡良瀬川
(高津戸橋下流100m)
の水位計数値

-0.41

もっともライズが見込める水位-0.55〜-0.56より
やや増水気味の数値ではあるものの

この数値で中二日ほど安定しているので
ライズは見込めると判断
c0095801_16333211.jpg
雨前の曇天と言うことで、結構な期待大なのですが
今期の渡良瀬は、なぜかこういう天気でも裏切られることが多いです

ハッチも中途半端とくれば

ライズもまた同様

一応、抑えたポイントでは、それなりのライズは見込めはしましたが
渡良瀬初挑戦のO氏には、ちと荷が重かったかも知れません


しっかりと期を伺ってのプレゼンテーション
ドリフトも悪くない

だけど、フライのマッチングに関しては
ここのヤマメは妥協してくれません





選手交代

まずは手本ということで‥‥
(お前が釣ってどーする!)

c0095801_16333851.jpg
尺には及びませんが、そこそこのサイズ

フライは、先般記事にあげたマテリアルを使用したミッジフライ

案の定、凄く良く見えました

サイズが♯30というだけあって
ゆっくりと吸い込むようなライズで捉えてくれました
c0095801_16333935.jpg
全体的にコカゲロウ主体のストマックですが
ブユも見受けられます

見た感じ、大半が水面から脱する前のステージ

この後は、両毛漁協の組合長達と遅めの昼食をとり
食べ終わるころには雨は本降り

自分だけはSTOP FISHINGとなりました

もう少し水位が落ちれば、広範囲でライズが期待できますね
ただし、ドリフト自体は現状くらいの水位が一番楽ではあります





# by sureyamo | 2018-05-13 17:02 | River fishing | Comments(0)
2018年 05月 09日

ルーペ

現在、魚釣り用で様々な拡大鏡が市販されています

メガネに直接クリップで留めるタイプ
は、単純にメガネの重量が増すことが嫌なので使ったことがないのです

それ以外によく見かける

ツバ(キャップ)の先端に留めるタイプ

の場合には、チョロチョロと視界(上部)に入ってくるのが嫌なのと
やはり気になるのは、その『重さ』です

重量的には些細なモノなのですが
キャップの先端に付けると、結構重量感を感じます


鼻に引っ掛けるレンズだけタイプ

結局、これが一番使いやすかったのですが
汗をかくと鼻から滑り落ちやすいのと

レンズがむき出しなので(ケースにしまうと使い勝手が一気に悪くなる)
傷がつきやすいです


c0095801_07292996.jpg
今回は「FLEX SPEX」という商品を購入してみました

これか兼ねてから販売されていたのはわかっていたのですが
当初は希望する度数とフレームカラーが欠品で
購入を留めていた商品です

先日、たまたま覗いた折に入荷を確認し
即購入


見ても分かる通り
自分の感じていた前述の不満点は全て解消されています

使わないときは、視界の外に完全に外せますし
この位置への装着なら
ルーペ重量によるキャップのフロントヘビー化は最小限です

(フレームは二分割で、センター部が磁石でくっついています)


しかし、なにより一番なのは

焦点距離がバッチリ

なこと!

これは市販の拡大鏡の中では
ダントツな見やすさと言ってもいいくらいです

実戦投入はこれからですが
フライ交換が楽しみです
c0095801_07293102.jpg
フライタイイングの方でも

拡大鏡はいろんなタイプを使用して来ましたが

今現在、最も使いやすいのは‥‥‥ご存知

c0095801_07301714.jpg
ハズキルーペ

タイイングの時しか使用しないのでコンパクトサイズで充分ですが

こんなラメ入りフレームをみると

無条件にワームを連想してしまいます(笑)








# by sureyamo | 2018-05-09 08:25 | item | Comments(0)
2018年 05月 07日

最高の試験場

渡良瀬川桐生地区と上野村の神流川
双方、群馬県内に設置されたC&R区間の釣り場

難しい釣りの代名詞的な『渡良瀬川』ではありますが
ライズ単体の難易度で比較すると

神流川のライズ攻略の方が圧倒的に難しい

そう感じている方も多いと思います
c0095801_18464072.jpg
浅い水深に過密放流された成魚達が、連日
袋小路に追い詰められたような状態で攻め続けられている中
そんな極限状態の中で繰り返されるライズであることを考えると
それは当然のこと

自分がヤマメだったら
フライの流下にはウンザリでしょう



自分が神流川のC&R区間に初めて訪れたのは
開設から少し経ってからの頃でしたが

開設当初は、関東初のC&R区間ということで
魚影を求めて沢山のアングラーで賑わいを見せたようです

釣り人の殺到、過度のフィッシングプレッシャーにより
フライはもとより、フライライン、リーダーやティペットを見ただけで
逃げ惑うヤマメ達の噂は『あっ』という間に広まってしまい
訪れる釣り人も疎らになるくらい『釣れない(むずかしい)』川になった経緯があります




それに対して渡良瀬川は

ライズが有りさえすれば、何らかの形で反応は返ってくるものです
(逆に言えば、ライズがないと何も始まらない川とも言えますが)

一般的に語られる難しさは

限られたライズの時間内に多種多様のハッチの中から
適切なフライをセレクトし、さらにはミスの許されないアプローチが求められる‥‥

マッチ・ザ・ハッチの総合力

が釣果に直結すると言うこと




自分にとっては渡良瀬川は
ズバリ本番!

神流川はフライパターンの
いわば実験場的な位置付けになるのかと思います


他の釣り場の何シーズンも掛けて得られる経験が
ここの河川では1ヶ月で得られます

うまくすれば、終日ライズと向き合うことも叶うのですから
これ以上恵まれた環境というのも(一般河川を利用した釣り堀だと、追加放流でリセットされてしまいます)他にはありません
c0095801_18464169.jpg
長閑な春の水面

ところがどっこい
川面では、チンチンなライズが延々と繰り返されています



今回はチビらの子守り(こっちがメイン)で、お弁当を広げていますが
自分の片手に握られたフライロッドの先端には10x+♯30のミッジピューパが臨戦態勢にあります
次男坊は、隙あらば投石する気満々(^◇^;)




時間は正午

ヤマメたちは完全に浮き切った状態で、次々とレーンに流れ込んでくる流下物を
延々と拾い食い状態


先日は効いていたフライパターンも
今回は綺麗にスルーされ

あっという間にフライセレクトに行き詰まる始末
c0095801_18463537.jpg
なんとか取ることに成功

ただ、ほとんどの定番フライは全く相手にしてもらえませんでした

こんな時の救世主は、いつだって
サイズでも色でもなく

皆んなが使わないような『へんちくりん』なパターン

自分で巻いといて言うの何なんですが
ほんと、コレに限るのですね


1回でも反応(といってもフライは咥えてくれない)してしまうと
二度と見に来てくれないようなライズのくせに

このフライだけで、立て続けに三匹も釣れてしまうのは
とても正常な状況とは言いにくい(笑)です

ともかく

こういう釣り場では

一つのハッチに対応するパターンの数は

あればあるだけ有利ということです
c0095801_18463751.jpg
ストマックは、まぁ毎回似たような内容物

今回はニンフのテールと
ほぼ同径のボウフラ(たぶん)みたいなのがいます

長男に内容物を見せたら『ウェッ!』といって絶句してましたが
まぁ、その反応は当然かな





# by sureyamo | 2018-05-07 12:46 | River fishing | Comments(0)
2018年 05月 05日

実釣テスト

c0095801_09343929.jpg
というわけで、そんな新兵器?をGW真っ只中

フィッシングプレッシャー‥‥というより投石プレッシャー(笑)真っ只中の
上野村C&R区間、役場前に持ち込んできました

時間帯はドピーカンの正午という
結構好ましくない?条件ではありましたが

幸いにして対岸の反転流には数匹の『やる気満々』なヤマメが
結構な頻度でライズを繰り返しています

この日は好天ではありましたが、時折突風のような風が吹き降ろすような感じで
水面には吹き飛ばされた木の葉やら小枝やらがフィーディングレーンに流入

混沌とした水面では虫なのかゴミなのか、判断が難しい条件ではありましたが

前記事にあげたフライは
想像以上の視認性を発揮してくれます

c0095801_09344114.jpg
頻繁にライズしていた三匹のヤマメですが
全く疑うそぶりもみせることなく、実に呆気なくフライを咥えてしまいました

ただどうしても最後の1匹だけは
どうにも騙すことは無理

フライを変えた心理戦も通用しませんでした(^◇^;)

まぁ、そんなもんでしょう

c0095801_09344598.jpg
ここでの流下は、ヴィラ裏とは少々異なるレシピ

木々が多数張り出している、こんなポイントでは
風の強い日には、ビートル類の甲虫は捕食対象になりやすい、ということが
ストマック採集からも伺い知れます

釣果はともかくとして


感動的だったのは
このマテリアルの視認性

今まで流すことに少なからず躊躇していたラフな水面でも
これだけの視認性が見込めれば積極的にフライを流し込めます


濡れてしまってもリカバリーも早く、そして確実な復元性

このマテリアルはCDCよりも優れている点は、まさにココ。
ミッジングが叩き上がりで使えてしまいますね



さらに、CDCよりも投射性に優れてる

流芯を跨いだ対岸のバンク下の巻き返しといった『猫の額』的なピンポイントに
結構な確率で入れることができました

腕が上がったような錯覚を起こしかねないぐらいです(笑)



こりゃ、早々に
ミッジフライを一から見直さなければなりませんね



# by sureyamo | 2018-05-05 10:08 | under ♯20 Maniaccs | Comments(0)
2018年 05月 03日

WING FAR

c0095801_21480114.jpg
先日、フライフィッシングの大先輩から

『ちょっと新しいマテリアルを試してほしい』

とのことで頂戴したファー



某ショップのオリジナルらしいのですが、説明文には刺激的なテキストが‥‥‥




何という獣のどこの部位かは不明ですが

スノーシューのファーをさらに極細でウェイビー
&ロン毛にした感じ


もっとわかりやすい例えと言えば、う〜ん

綿埃(ぷっ)みたいな‥




まぁ、そんな感じのマテリアルです


写真で見ると剛毛そうですが、フックは相当小さいですからね

視認性を上げるなら
根元の白い部分を使うと良いかもしれませんし
c0095801_17193867.jpg
毛先(ダークダン)の部分と根元をミックスしてあげれば
逆・順光両対応で使えそうです

c0095801_17194004.jpg
フロータントの絡みも良好
メンテナンスはCDCよりも遥かに楽です

写真はガマカツ・ラージアイ♯30とTP88♯26
この手のミッジフライにしては、かなり実用的な視認性を確保できます





注意点とすれば

あまり長めにしないこと!
長いと、どうしたって水を抱え込んでしまうので
浮力が持続しません


お値段的には、意外にお高いのですが(笑)
ミッジで使うのが前提でしたら、相当切り出せます


余談

# by sureyamo | 2018-05-03 17:57 | fly tying | Comments(0)
2018年 05月 01日

スーパーミッジングに見るヤマメ考察

先日のアウトリガー練習の際
ほとんど相手にしてもらえなかった?イブニングの激難ライズ

その後、どうにも寝つきが悪く?
スッキリさせるために

リトライを決断!!


答えは概ね『シャック』であろうと、大方の予測はついたので
然るべき?適合(新作)弾を急遽補充!

意気揚々と現地に向かいます


動画だと非常にわかりにくいのですが
画面中央より手前の流れで、ヤマメがひっきりなしにライズしている様子を撮っています



これは現地に到着した段階(午後1時半)から納竿(午後5時半)までの間で
流れの随所で延々と繰り返されていました

早速、この時のために持ち込んだ『新作シャック』パターンを投入したのですが





なんと

ガン無視?!


開始早々にして、いきなり途方に暮れることになってしまいました(^_^;)


決して複雑な流れでは無いので
ドラッグに起因する嫌疑が掛かっているとも考えにくく

念のためティペットは9Xから10Xへ交換


さらには手持ちのフライで最も小さい部類の
各種パターンを流し込んで、少しづつ反応を見ることに‥‥‥



こんなフライで、辛うじて一つは取れたものの
c0095801_15481460.jpg

ライズフォームからして

たまたま間違って出ちゃった(笑)

的なので、正解とも言いがたく‥‥‥



結局は♯32のフックの半分をモノスレッドで(透け透け)巻き
アブドメン長、約1㎜弱のミッジピューパパターンで


ようやく

ライズと同等のフォーム

でフライを咥えてくれたのでした
c0095801_15482005.jpg

内容物は、当初の予想通りシャックではあるのですが

半分くらいは極小のユスリカ・ブユで占められていました

今更そのサイズに驚くこともないのですが

ビックリなのは、この量



これだけ(ソレでも一部)出てくるとなると
相当な流下量であることが容易に想像できます




延々とこんな量が流れていたら

フライなんて見向きもされなくて当たり前!








C&R区間という釣り場環境がら

フライに反応しにくいライズ=『プレッシャー』によるものと

ついつい言い切ってしまいがち

ですが、これは大いに反省すべき点です

c0095801_12050543.jpg
もちろん、プレッシャーによる影響はないと

言い切ることだって出来ませんけどね



臆病で、警戒心が高い魚の代名詞といってもいいヤマメですが
彼らが生き残る術の一つとして、身につけたであろう選択眼の鋭さには

今更ながら舌を巻いてしまいます




まぁ、本来であれば、ここまで生きながらえる前に
ほぼ間違いなく誰かに釣られて『お持ち帰り』されてしまう訳で

ヤマメがこんな技?をお持ちだったというのは
この世にC&R区間というものが存在することで、恐らく初めて明らかになったことでしょう



比較的イージーに釣れてしまうヤマメも
またこうして、極限状態の捕食を繰り返すヤマメもまた‥‥‥

結局はどこにでもいる普通のヤマメ

であることに違いはありません



色々な顔を覗かせるヤマメには
日々新たな発見があり


それがまた、自分がいつまでもこの魚に魅了され続けている

理由のひとつなのでしょう





次回予告

# by sureyamo | 2018-05-01 15:36 | River fishing | Comments(0)
2018年 04月 28日

ダイレクトラインアウトリガー、その後


c0095801_20403801.jpg
ダイレクトラインアウトリガー‥‥‥その後の進展です


今回も『ちから糸』をテストして来ました

0.8号〜6号 全長13mの投げ釣り用なのですが
こちらはナイロンではなく『PE』

使えるかどうか心配でしたが
まぁ、なんとか普通に使用することはできました


ただ、ちょっとティップに絡みやすいのが難点といえば難点

この状態での無理なキャスティングは、ティップの破損に直結するので厳禁


c0095801_20403416.jpg
それと市販の小型目印を使ってみました

marufujiというメーカーの小粒目印(小)という製品


ペグで固定するタイプですが、今回水中糸で使用したフロロカーボンティペットだと滑って動いてしまいます

また、このペグで出ている箇所に糸が引っかかりやすい

これは既に打開策は考えているので、次回に適用するとします


モノ自体は非常に軽く、とてもよく見えるので
使い勝手は良いものでした


c0095801_20403226.jpg
ただ‥‥‥ですね
このシステムで何匹も釣ったのですが

目印の動きだけで合わせると、どうしてもワンテンポ合わせが遅れるらしく

バレてしまうのです



結局行き着いた先は
目印でアタリをとるのではなく

ダイレクトに手元に来るアタリを取る

という結論に達しました(笑)


PEとフロロカーボンを使っているので
ここら辺の感覚はダイレクト!結構強烈ですので

まんざら面白くない‥‥ってわけでもありません


けど、好き嫌いはハッキリ分かれますね

c0095801_20404023.jpg
今回は水量も増えたせいもあり
使用するショットは4B +αは必要でした

さらには、この手の釣りではロングロッドの方が広範囲に探れますので
次回は11ftのロッドで試して見ようと思います

ダイレクトラインに関しては、こんな感じでひと段落です


余談ですが

今回の状況だと、マーカーを使用したルースニングの方が遥かにアタリが明確で面白かったです
一発で流芯の底に沈んでいた尺上が掛かってしまいました

結局
ランディング時にラインを足で踏んでしまい(サンダル履き)
最後の遁走で切られちゃいました


# by sureyamo | 2018-04-28 08:20 | River fishing | Comments(0)
2018年 04月 25日

時すでに‥‥

c0095801_20535998.jpg
連日の真夏日に訪れた

待望のお湿り

これはもしや‥‥‥いやいや絶好のチャンス?!



と、こんな時に限って10時までアルバイトだったりするのですね(泣)

下道で、たかだか1時間程度のドライブが
何だかとても長く感じてしまうので

迷うことなく藤岡インター→伊勢崎インターまで高速移動
よく考えると勿体無いケド、深く考えないようにします(笑)


お目当のポイントは、案の定ボッコボコでした

流石に定位置には先客(あとで挨拶したらお仲間でした)
仕方なく、下流に陣取るも


なぜかビミョーに射程外?!

はは〜ん、もしかしたら、すでにやられちゃった後かな?
(後で確認したところ、その通りでした)



それでも、ちょくちょく射程に入ってくるライズに
何度かフライを送り込むことは出来ました

しかし

コレが出ない!

♯26サイズのフタバBFDを、一度は吸い込んでくれたものの
痛恨のラインブレイク!
(結びが甘かったらしくノットが解けちゃいました)


その後は様々なパターンを試し
c0095801_20540594.jpg
なんとか執念で(笑)

一匹は取れました


c0095801_20540945.jpg
虫の全長は、平均して5mmって感じ

ダークウイングが特徴的ですが、どのウイングも開き切っていません

捕食された後、ヤマメの胃袋の中でウイングパッドが解れた
という解釈もできますから
このままの状態をフライでコピーすることが適切かどうかは
ちょっと疑問ではありますが

まぁそれでも
この手のライズはBFDでも対応は可能だったりするわけです


そもそもBFDとは、生活排水流入による界面活性剤の影響で、水面張力に乗れず羽化に失敗し
溺れたイマージャー(マスキングハッチ)が水面直下に大量に流下する、という
恐ろしく釣れなかった時代の救世主的フライであったわけですが

当時とは水質も変わって(良くなって)しまった今となっても
未だに釣れるフライであることに違いありません


ただ今回の場合には

ヘアウイングの♯24クリップルで仕留めることができました







# by sureyamo | 2018-04-25 17:41 | River fishing | Comments(0)
2018年 04月 21日

スクーリングライズの法則性

c0095801_10463262.jpeg
ようやく今季の利根川で、居付きヤマメのライズを見つけて来ました

がしかし、ライズしているレーンは

ど真ん中の流芯

うむむっ、一体全体どうやってアプローチして良いものやら?

現在思案中です
(考えてDOなるものでもない気がするケド)





さて話変わって今回は、スクーリングライズのお話です


一般的にスクーリングライズとは

流速が緩やか、かつ穏やかで
一定の水深で単調な流れが延々と続くような長い区間などにおいて
(プールや深瀬)
複数のお魚が群れで移動しながら
ライズを繰り返していることを差します


特に降海型で銀毛化した小型のシラメ(ひかり)は
好んで群れを形成するため
こうしたスクーリングライズの主役となることが多いです



放流後間もない成魚ヤマメも、養魚場での生育環境のせいか
最初は群で行動したがるようですが
こちらの場合には放流直後『流れ』に馴染むまで
どうしても緩い流れに溜まり易く
結果としてスローウォーターで一時的な群となっている
と考えた方が良さそうです


そもそもヤマメ自体は縄張り意識が強い魚

一団となって移動しながらライズしている‥‥‥というよりは、

単に、過密放流による互いのテリトリー(レーン)争い

みたいに見えます

と勝手に仮定して(笑)ここでは後者のライズは除外いたします






スクーリングライズで最も多いケース
c0095801_22164438.png
基本、一方通行です


自分の経験では、上流に向かって『食い遡る』パターンが圧倒的に多いのですが
稀に『食い降る』パターンもあります

面白いのは『終了地点』から再スタートの地点までの過程で

ほとんどライズしないということ

その様子は、まるで“馬跳び”を連想させます(笑)





また広大なスローウォーターでは
群れが複数存在することもあります

釣り方としては
タイミングを計り、途中のレーンで待ち伏せする方法というのが誰もが考えうる策であり
常套的でもあります


魚が上がってくるタイミングを見計らって
ナチュラルドリフトのフライを送り込み、その出会い頭を狙います

ここで注意しなくてはならないのは、仮にフライがスルーされたとしても、すぐにピックアップしないこと
群れを必要以上に刺激してしまうことで
ライズの難易度が一気に上昇すること間違いなしです

ボコボコとライズしていると、ついつい熱くなってしまいますが
実は、たかだか数匹の魚が連続してライズしているだけ‥‥‥というカラクリだったりすることも少なくありません

こんな場面では
ライズをじっくり吟味して

コイツ!

と思える奴だけ狙った方が良いです

どう頑張ったところで
全部のライズなんか取れっこないですから(笑)



c0095801_22164740.png
『上り』と『下り』がある場合もあります
レーンが重複する事は稀で
大概の場合『オーバル』な周回コースになるようです


これに限らずですが

魚がフライ(ライン)を嫌いはじめると
レーンを変えられちゃいます

こうなる前に勝負を付けた方が良いです


c0095801_22165174.png
こうした不規則なライズは本当に厄介です

多少なりとも流速があればライズは整ってくれますが
止水に近くなると不規則になりやすいです

こうした場合には
照準を定めた一つのライズ(魚)の方向性を読んだ
流動的な先回りのプレゼンテーションを繰り出します

観察していると不規則に見えても
一定の法則(リズム)がある場合も多いので
それが掌握出来るまで、手は出さない方が良いです

“戻り”系?のヤマメは数匹で連んでいる事も多く
また、常に移動しながらのライズになるので
基本的に、こうしたスクーリングの時と同じ釣り方になります





# by sureyamo | 2018-04-21 22:40 | tips | Comments(0)