人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 04日

お知らせ

お知らせ_c0095801_20552333.jpg


 水面を裏側から軽くススるようなそのライズは、捕らえようとしている対象を吸込むべく…恐らくコレが最も最小限なんじゃないかと、思えるほど控えめなモノだった。
 しきりにライズを繰り返している、その鱒の先に投じられた#30のフライが、その口に吸込まれるまで…そんなに時間は掛かりませんでした。

 わずかの2mm程のピューパばかりを選んで捕食していたのは抱卵ポッチャリ体型の♀レインボー。これでも50センチ級の魚体なのでございます。
これが♂だったら、見事な迄のメタボリックレインボーでありましょう。
さしずめ極小ミッジピューパでダイエットって感じでしょうか。

 今年一番の冷え込みのハズの予報が…見事外れた先週末。
陽気に誘われ出向いたAFFでは、かのような鱒達が出迎えてくれました。
 オフになってから幾度となく通っているうちに、ミッジングの修行と称して、こんな魚ばかりを9Xに30番を結んだミッジングで狙うのが…割りと普通となってしまいました。そんな、首の皮1枚的ヤリトリは流石に手馴れてきましたが…肝心の、魚を掛ける方に関しては全く進歩の見られない自分でございます。

 さてさて、ここでご連絡。
来る12月17日に、第2回・男の鉄鍋会を開催する事になりました。
会場は赤城フィッシングフィールドさん。鉄鍋を囲んでみんなで盛り上がりましょう。

 一応「男の鉄鍋会」と称しておりますが、前回、傍目であまりに惨めでございましたので…今回から女子の参加も大歓迎でございます。
お知らせ_c0095801_20563642.jpg

サクラマスも宜しく!


↓一日一回バナーをプチプチっとお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログへニンキブログ ブログランキングサイト

# by sureyamo | 2006-12-04 20:56 | River fishing | Comments(11)
2006年 12月 01日

偏光サングラス

偏光サングラス_c0095801_11385857.jpg

 釣りに欠かせない偏光サングラス。 
最近の偏光レンズは、どれも明るくて快適なのですね。
一昔ほど前の…ごくごく一般的に“偏光”と呼ばれていたシロモノとは比べ物になりません。
カラーバリエーションも豊富なので、購入の際にはかなり迷う部分でございます。
ただし、目の悪いフライマンの場合…通常は度付レンズ仕様にしなければならなりませんから出費もそれ相応の覚悟が必要。おいそれと買替えるものではございません。

 偏光レンズと言いますと、どうしてもレンズの方ばかり意識がいってしまいますが…過酷な使用環境下に晒され負担がかかるのは「フレーム」でございます。

 特に、眼鏡の類いを普段使い慣れない方など、サングラスの掛け外しを平然と片手で行ったりしているのを見掛けます。これが丁番とソレを留めるネジに必要以上に負担を掛ける結果となり、乗じてフレームを歪める原因にもなります。
歪んだフレームで引き起こされる頭痛ほど不快なものはありません。
 最近多い「バネ式の丁番」では、以前ほどの負担はないようなのですが…

 自分などは、わりと頻繁にサングラスの掛け外しをする方なので、いい加減な安物フレームではすぐにガタが来てしまいます。そういった事からもフレーム選びは慎重にならざるおえません。
(でも、結局やっぱりデザインが一番だったりするんですけど…(-.-;))

 自分の偏光サングラス。
フレームは2004年モデル。これで二本目のレイバンとなります。
なんだか「浪速の闘犬」が記者会見で掛けているようなサングラスに似ておりますが…(-.-;)
こちらのレンズはTAREXのラスターブラウンにシルバーミラーコート仕様。

 このような8カーブレンズは馴れないと違和感があるので、ちょっと人にはオススメは出来ません。
現状ではレンズもかなり傷がついてしまい、フレームのガタも相当な為、来シーズンに向けて新しい偏光サングラスを模索…いや、実は既に内定済みではあります。
(普通のフライマンは選ばなそうなサングラスですけど…ちょっと面白そう。)
そのうちご紹介できると思います。

 色の感じ方には個人差がございますから、偏光レンズを作る際には必ず現物をかけ比べる事です。
そこら辺の融通を聞いてくれるお店をお探しなら(前橋なら)ココがお薦めでございます。
隣を流れる実際の川で掛け比べさせてもらえます。


↓一日一回バナーをプチプチっとお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログへニンキブログ ブログランキングサイト

# by sureyamo | 2006-12-01 11:50 | item | Comments(2)
2006年 11月 30日

フォーセップ

フォーセップ_c0095801_12534135.jpg
「鉤外しツール」としてフライフィッシャーにはお馴染みのアイテム…フォーセップ

“フライフィッシング紛失アイテムランキング”などあるとすれば、堂々のベスト3にランクインしてしまうのではないか…と思えるほど

高い紛失率を誇る?

ツールでもありましょう(自分だけ?)


 単に鉤を外すだけであれば専用ツールも存在するワケでございますが…
ややこしいノットを現場で結ぶ時や、ヌルのついたフライを摘んで川の水で洗ったりする時
ショットを潰したり、ミッジなどを摘む時…と、細かい作業が多いフライフィッシングシーンでは欠かせない存在
単なる「鉤外し」の枠を越え、フライマンの「指先代わり」とも言えます


 そんな自分の選ぶフォーセップは摘んだフライを壊さない為が故、先端の「ギザギザ」でないモノ

当然このようなフォーセップは、従来のようにベストのベロに“チョン”と挟んでおく事が出来ませんので
専用のレザーケースに収納して持ち歩くようにしております

カールコード等で留めておく…という選択肢もありますが、手元以外でも使う事の多いフォーセップには、ちょっと無理があるような…

 先端の形状にはカーブとストレートがございます
今現在は違和感なく使える「ストレートタイプ」を使用しておりますが、口腔深く刺さったミッジフライ等を摘みだす際
フライがフォーセップの死角に入ってしまう事があります
そんな時は先端がカーブしているタイプの方が使いやすいようです

 色々なメーカーのモノが出回っていて、どれを選んでも大差はない感じでありますが
フォーセップ自体は多少重量があった方が作業そのものは安定すると思います

もし選択に悩んでいるならば、そんなトコロもちょっとは踏まえて選んでみると良いかもしれません

 しかしながら、フォーセップとしては明らかに重過ぎるモノ(銘柄は伏せますが)などもありますので
特にWEB購入の際には注意したいトコロでありましょう

「つや消しのブラック」仕様などは傍目は格好は良いのですが、現場で落とすと見つけるのが大変ですよ
お気をつけあそばせ(経験者)


ちなみに、今現在の愛用は「サイエンティフックアングラーズ」
特にナニかが優れているワケでもなく、というか………ぶっちゃけ「普通」

何のネタにもなりませんね
ごめんなさい(-.-;)

ただし「アイの目詰まり」用のニードルに関しては
あまり使い道はないですね


↓一日一回バナーをプチプチっとお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログへニンキブログ ブログランキングサイト


# by sureyamo | 2006-11-30 13:01 | item | Comments(0)
2006年 11月 28日

レンゼッティー・小ネタ

レンゼッティー・小ネタ_c0095801_10145087.jpg

レンゼッティーバイスを愛用されている方に…
 このバイスの一番の特徴である「シャフトの回転」基部に使用されているOリングは、ジョーと並んで最も過酷な部位に使用されている交換頻度の高いパーツであります。
レンゼッティー・小ネタ_c0095801_1016775.jpg


 Oリングが、この写真のような状態になるまで放置しておきますと、ロータリー機能のフリーからロック迄の微調整がほとんど効かなくなってきます。

 流石に、Oリングがここまで圧迫変形する迄に(プロターヤーでない自分の場合)通常の使用頻度で8年弱。
消耗部品にしては微妙にロングライフでありますから…ついつい忘れてしまいがちでありましょう。
この機会に、ちょっとチェックしてみて下さい。 

レンゼッティー・小ネタ_c0095801_1016546.jpg


 このOリングはDIYコーナーにて2個で¥98でありました。
ご購入の際には、この表記のサイズをお選び下さい。
おおかたジャストサイズでございましょう。

 ちなみに、正確に寸法を測らなかった自分は複数個購入するハメになりました(-.-;)

↓一日一回バナーをプチプチっとお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログへニンキブログ ブログランキングサイト

# by sureyamo | 2006-11-28 10:15 | tips | Comments(3)
2006年 11月 25日

エルクヘア・カディス

エルクヘア・カディス_c0095801_1022367.jpg

「CADDIS」という虫は、魚達には「とりわけ」好まれているのではないか…と感じる事が多々ございます。
早春のコケガロウの釣りでも、想定外?のカディスのハッチが混った途端、捕食の目先があっけなくコチラに移行した…なんて経験など割りと普通にあるものです。

 そんなカディスを代表するフライと言えば「エルクへア・カディス」でありましょう。
ブラインドで叩き上がる釣りを含め、あまりハッチを気にしないケースで普通に使って普通に釣れたりする事が多いくせに、ココ一番のマッチ・ザ・ハッチで意外に効かない事などあったりする…というのが、自分が持っているこのフライパターンのイメージなんであります。
 
 「マッチ・ザ・ハッチ」という感じではなくて、何か別の…もっと魚の本能的な部分で反応させているような印象を受ける事が多いような(何の根拠もありませんが)そんな感じでありますから、特定のカディスにあわせたパターンのバリエーションなどあるハズもなく、汎用カラーの「間に合わせ仕様」で…とりあえず充分でしょ!って感じなのです。

 自分が使うエルクヘア・カディスは、ボディーとアッパーウィングのエルクヘヤの間にCDCのアンダーウイングをサンドウィッチしただけの単純構造。
定番のボディーハックルの類は一切排除してあります。
(ハッキリ言って、この仕様の方が遥かに釣れますので…騙されたと思って2〜3本巻いてみて下さい。)

こんな仕組みですから、水面に干渉するライトパターンは「オリジナルレシピ通りのエルクへア・カディス」とは全くの別物でありましょう。察しの良い方はもうお分かりの通り…このフライの肝となるのは、実は「ボディ」だったりするのです。

話を変えまして(笑)

アッパーウィングに乗せるエルクの質には…実はかなり拘ります。
 具体的には、クセのない同じようなテーパーのヘアをピンセットで選別しながらスタッカーに入れていく作業をしていくワケなのですが、セットする量は通常のエルクヘアカディスの量よりも遥かに少なめですから、さほど大変でもありません…よね?。

 自分の場合、エルクヘア・カディスは細長い棒状のシルエットを目指しているので、ヘアのオーバーフレアだけは特に気をつけています。こんなトコロから、使うスレッドも当然「撚っていないタイプ」を選ぶ事が基本になります。
 アッパーウイングのエルクヘアは、出来るだけアイの付近にて最少巻数で留めると良いと格好良いエルクヘア・カディスになります。
エルクヘア・カディス_c0095801_1023814.jpg


ちなみに、コイツ等は#20〜#22でございます。
昔巻いたモノですから(バーブ付きだし)しっかりフレアしております。
悪い見本という事でお願いします…です。


↓一日一回バナーをプチプチっとお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログへニンキブログ ブログランキングサイト

# by sureyamo | 2006-11-25 10:22 | fly pattern | Comments(2)