Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2022年 12月 13日

ルースニングのためのリーダーを考える


ルースニング前提で設定されたテーパーリーダーというのは

話題にあがらない…というか


聞いたことないですね


※頂いたコメントで、ティムコさんよりマーカー専用のリーダーは出されているようです









そもそも

普通にドライフライで使用しているテーパーリーダーで、充分こと足りたりするし…

それは自分も例外ではないです

ルースニングのためのリーダーを考える_c0095801_11553838.jpg

ドライフライ、ルースニングに関わらず

いつも使っているのは


kty-SS


これに、だいたい5ftのティペット(7〜9X)を追加した


全長19ft



どこに行っても、だいたいこれで問題はないです

ルースニングのためのリーダーを考える_c0095801_12033513.jpg

それでも


「Sidewinder」の誕生と、開発過程の実釣検証などで

以前の発泡マーカーのときよりも「積極的にマーカーをコントロールする」場面が増えるに従って

これらのリーダーでは、微妙なコントロールが難しいと感じる事が多くなってきて





バットを切ったり、先端を詰めたりの試行錯誤

その末に辿り着いたのは


ルースニングのためのリーダーを考える_c0095801_12092251.jpg

kty-SL



バット径が一際細く、ロングスローテーパー形状ということもあって

素で使うには

なかなか手強い?リーダー

(…ということもあって、なかなか人気がない?)






流石に、このままスッピンで使うのは僕も持て余し気味(-_-;)なので

ここから更にバット側を5ft詰めた…



ジャスト


全長12ftにすると…

ルースニングのためのリーダーを考える_c0095801_12155462.jpg
まるで「Sidewinder専用リーダー」(笑)言って良いほど

化けます


※実際にはSidewinderを介してティペットが追加されることになるので

総全長で17ft前後くらいにはなります





図面上、バットから5ftのカットアウトとなると

実質的には


バットなし ほぼ全テーパー



ピーキーそうな印象なんだけど

細さと長さのバランスが良いのか、コレはコレで結構扱いやすいです


水切れの良さも手伝って

緩めなロールキャストでもリーダー自体は軽くリフトしてくれるし

その気になれば

ティペット部だけ残したテーパー部だけ持ち上げたりすることだって、案外普通に出来ちゃう



マーカーをドリフトの後半まで、きっちりコントロールするために

自在に操れる(操る気になる)こんなリーダーの存在が「必要不可欠」

…とまでは言わないけれど(笑)間違いなく


ドリフトを操る面白さが、ひとつ追加されますね



更に、これで釣れたりすると



得られる達成感も


半端ない(笑)







釣果とは


「大変上手く流せました!」


…という魚からの評価!でもあるわけで

そんな楽しみ方、捉え方で遊ぶのも、良いんじゃぁないでしょうか



# by sureyamo | 2022-12-13 20:51 | item | Comments(2)
2022年 12月 12日

激渋エリアでフィールドテスト

激渋ぶりに、益々磨きが掛かってきた
上野村冬季ニジマス釣り場


厳しい状況が続く中
今日はお天気が良いせい?なのか、そこそこの人出!

早朝は路面が凍っているにも関わらず


ご出勤?

ご苦労さまです♪

激渋エリアでフィールドテスト_c0095801_16054079.jpeg
今回は修正版Sidewinderの再テスト



リニューアルに伴って
新しく接着剤を変えた(従来品よりも高価)のは良かったんだけど…
収縮を繰り返していると、途中で接着部分が割れてしまう(-_-;)トラブル続発

※冷水との相性が良くないのかしら?




そこで
接着面積を、より拡大したテストサンプルを
複数準備してきました



コレで上手く行かなかったら、前の接着剤に戻すまでなんですが…

製作作業上の使い勝手が良いので
なんとか使いモノにしたい…です!はい

激渋エリアでフィールドテスト_c0095801_16053741.jpeg

ハコスチはSidewinderの耐久テストには

まさに“うってつけな相手”なんだけど


冒頭の話の通りで
そうヤスヤスと釣れてくれる相手ではなくなってます






本来ならば

「釣れる魚を探す」

のが一番手っ取り早いんですが


見えてて釣れそうでいて…釣れない魚に遭遇してしまうと

「なんとかして釣りたい」

と…いつもの悪いクセが発動
激渋エリアでフィールドテスト_c0095801_16052816.jpeg
テストはそっちのけ(笑)で

バリスレな駐車場前のトロ場で杭(-_-;)

激渋エリアでフィールドテスト_c0095801_16053216.jpeg
あぁ…如何に難しいか
こんな胃の内容物からも容易に想像できちゃいます(-_-;)


オリーブグリーンのフラッシュスケールとかも
微妙に効きそうですけど(笑)



そんなこんなでテストは終了
今回は特に問題なく使えました

後は複数人、仲間に手伝ってもらいながら再調整です

もう少し掛かりそうですが



今までより、より一層見やすいモノになってますので
ご期待ください




# by sureyamo | 2022-12-12 07:57 | River fishing | Comments(0)
2022年 12月 09日

Youtube動画撮影

Youtube動画撮影_c0095801_21591075.jpg
「バリの秘密基地」と言えば、チャンネル登録者数12万人を抱える
知る人ぞ知るフライフィッシングYoutubeチャンネル

今回はそんなバリちゃん主演の
鱒夢さん動画撮影のお手伝い?に行ってきました

動画の方は追々アップされていくと思うので
詳細についてはソチラをご覧になっていただくとして…

Youtube動画撮影_c0095801_21590856.jpg
バリちゃんからしてみたら
不慣れなマーカーフィッシングからのスタートだったわけだけど


ちょっとしたコツを一度掴んでしまったら
アレよアレよという間に…(^_^;)



この飲み込みの早さには
正直舌を巻いてしまいます


釣りセンスの良さには関心しきりで

おっさんの出る幕は

どこにもありません(爆)









…というわけで


今回の副次的目的でもある

新Sidewinderの耐久テスト

と相成りまして…
Youtube動画撮影_c0095801_22002201.jpg
心を鬼にして(笑)釣りまくって参りました



40尾近く連続で釣っても、全く壊れる兆候が見られなかった試作もあれば
ものの数投でクビレが崩壊してしまった試作もあったりで…

つくづくモノづくりの大変さを痛感




壊れなかった試作品も
最後の最後で木の枝に引っ掛けてしまいましたけど(^_^;)ね


あぁ…帰ってから
相当数を作り直ししないと…(^_^;)

Youtube動画撮影_c0095801_21594126.jpeg

マーカーがスポッと引き込まれてしまうようなストライク?は
魚が違和感を感じて吐き出す際の大きなモーションから来るもの…

もしくは、フライが完全に着底しちゃってる場合が大半で
(ただし、魚が高活性の場合を除き)

つまりは
合わせのタイミングとしては、かなり

「遅すぎ」




大本命として見逃してはいけない

「前アタリ」


なんとも形容し難い、マーカーの微細な挙動でさえ乗せられないストライク?の大半は

堆積中の落ち葉にフライやショットが触れている

だったり

泳いでいる魚体にティペットが触ってしまった

際の挙動と、ほとんど見分けがつきません




そういうことを含めでも
今回も色々と参考&勉強になりました





# by sureyamo | 2022-12-09 23:07 | River fishing | Comments(0)
2022年 12月 05日

益々手厳しい…

今回の遊漁者数は自分を入れて14名



今季盛況の神流川冬季釣り場ですけど
ようやく空いてきました

こういう天気の悪い日は確実に人出が鈍りますね

益々手厳しい…_c0095801_16465309.jpeg
水底に確認できる、これほどまでの魚影にも関わらず
擬餌針への反応は著しく悪く…


今日の状況は
自分が経験してきたハコスチの釣りの中で五本の指に入れてもいいぐらい?

ほんっっっと、口を使ってくれません(^_^;)







いや正確に言うと…口を使うフライはあるんだけど(^_^;)
この場でいちいち説明はしないです(爆)

益々手厳しい…_c0095801_16473073.jpeg

漢は黙って

直球勝負(笑)




こういう真面目なフライが…笑っちゃうぐらい釣れない(^_^;)という
悲しい現実を再確認






まぁいいです

気を取り直して…Sidewinder新作のテスト
益々手厳しい…_c0095801_16470777.jpeg
益々手厳しい…_c0095801_16470929.jpeg
新しい接着剤による部位の補強により
全体的に質量が上がったみたいでターン性能が若干向上しました

これ以上長いとトラブルが増える
ココらへんが限界値…と言うのもわかってきました


黒の差し色で視認性に、さらにメリハリがつき

もはやカラーもオレンジ一色だけで良いかも…とか
今回は色々と進展がありました

Sidewinderも
なんとなく先が見えてきました






ココまで来るのに、ドライフライの釣りをほとんど封印
※渡良瀬川以外


ニンフにドップリ浸かること…

三年近く掛かりました(笑)

益々手厳しい…_c0095801_16471995.jpeg
今回は仕事の都合で午前中までだけど
特に「釣れない」と噂?の吊橋前後の流れを
重点的に攻略



フライフックのみの自重沈下による
水深×4超えの超変態(ふかせ釣り)仕掛けをもってしても…

2掛けワンキャッチまでが精一杯(^_^;)
益々手厳しい…_c0095801_16471533.jpeg

それでも

普通に口…使ってくれない

とかね(TдT)




とにかく、本物の虫が出てくれないことには

キツイ



まぁ、こう言う苦行も、後で必ず糧になる(…と信じて)
耐える日々でございます



# by sureyamo | 2022-12-05 18:00 | River fishing | Comments(0)
2022年 11月 26日

グリップ変更

なんだかなんだ有りながら…
結局、グリップは通常に戻しました(笑)

フライロッドは、やっぱりこのスタイルが一番馴染むし

使いやすい
グリップ変更_c0095801_15061174.jpg
こういうのも、実際にやってみないと分からないもんです




せっかくのリメイクなんで
往年の愛竿でもあった“Free loop”の原型に、極力近づけてもらいました

グリップ変更_c0095801_20271556.jpg

“Free loop”は、渡良瀬川の数々のマッチ・ザ・ハッチのシーンで
約7年ほどメインで使いまわしてきたロッド


酷使により
スネークガイドの偏摩耗&オリジナルグリップがグズグズになってしまって
トラッタさんに一度リメイクしてもらいました
※コルクに切れ込みが入っているのは、それ故



この手のシガーは、最近あまり見なくなりましたけど

細身のグリップを久々に握り込むと
当時の気合と共に

なんとも言えない懐かしさが蘇ってきます





# by sureyamo | 2022-11-26 15:16 | item | Comments(0)